将来子どもが就活で困らないための子育て術とは

ダ・ヴィンチニュース / 2014年2月28日 11時40分

写真

『8歳からの内定獲得術』(竹内謙礼/日本経済新聞出版社)

とある映像スタジオで働いていたときの話。スタッフ募集があり、とある応募者に対し、「書類審査の結果、不合格」だと連絡を入れた。しかし、本人が「どうしても面接して欲しい」と粘り、結局、社長が面接することになった。社長に尋ねた──なぜ、面接するんですか?

関連情報を含む記事はこちら

 社長の答えはシンプルだった。

「一緒に働きたいと思えれば、採用すればいいじゃん」

 その熱意と粘り強さがあれば、伸びるかもしれない。だから、その応募者の人柄を面接で確認しよう、と。これは大企業の話ではないけれども、就職活動において、採用における企業側の最終的な判断は「この人と働きたいかどうか」という「印象」に尽きるのだな、と思った。

 『8歳からの内定獲得術』(竹内謙礼/日本経済新聞出版社)には、ずばり、そのことが書いてある。竹内氏は、就活に負けない人材の絶対条件を2つ挙げる。
・より優れた人材であること
・第一印象の良い人材

※「より優れた人材」という言葉には、引っかかるものを感じるが、竹内氏は「採用する企業が求めている人材とのマッチング度が高い人材」と定義した上で使っている。

 まずハッキリ伝えておかなければならないのは、あくまでも本書は「就活」──書類応募、各種テスト、面接をクリアして、「内定」を得るまで──に限定特化した「子育て論」だということ。「就職後」の仕事力については対象外としているので、実際に社会で活躍できる子かどうかは、また別の話。
 それを踏まえた上で、「就活で負けない」ためには、どんなことを意識して子育てすると良いのだろうか? 本書にはいくつもの指針が示されているが、そこから3つを紹介したい。

■就活のための人材育成は8歳から
 「(学力や印象が)身につくのは、小学校に入学してから、ある程度、物の分別が付き始める頃、つまり8歳ぐらい、小学校2~3年生の頃」だとある。若干、あいまいな数字だが、小学校低学年で学力差も、人柄も差異が出始めているのは確か。学習意識や、対人関係の基礎を身につけているかどうかで、将来は大きく変わるだろうというのは、想像ができる。

■親は子どもと積極的に話をしよう
 面接官は多くの場合、自分より年上の世代だ。親や祖父母と多く話をすることで「世代を超えたコミュニケーションスキルを磨く」ことができる。初見で年の離れた面接官に「今、自分が何を質問されているのか」を、瞬時に把握し、自分の言葉で的確に伝えられるかどうか、それが面接でのカギを握る。「今、それは聞いてないよ」と、就活の面接で叱られた筆者は(泣)、コミュニケーション能力の重要性を強く訴えたい!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング