芸能人の法令線はなぜ目立たないのか? 口元のマル秘法則

ダ・ヴィンチニュース / 2014年3月5日 11時40分

写真

『口元から美人になる52の法則』(石井さとこ/講談社)

 よく「人は見た目が9割」と言われるが、そのことは「人は視覚情報を優先する」という、アメリカの心理学者の実験でも証明されている。

関連情報を含む記事はこちら

 そして顔の中で、最もよく動いて人の視線を引きつける部分といえば、ズバリ口元だ。しかも美容のプロに取材すると、“口元がすべての印象を台無しにする”という言葉を耳にする。口元にはその人の品性や生活習慣が如実に反映されるというから、うかつなことはできない。

 そこでミス・ユニバースや女優、最近では某有名アイドルグループのメンバーも足しげく通う審美歯科ドクター・石井さとこ氏の『口元から美人になる52の法則』(講談社)から、口元のエクササイズや老け顔防止策を学んでみたい。

 4つの章からなるこの本は、口元美容のスペシャリストである著者が、口やデンタルまわりの美の法則から、精神論にも通じるちょっといい話を見開き単位で展開。合間に具体的なエクササイズやケア法を紹介する美容と健康のエッセンスがつまった構成だ。52項目もあるので、興味を引かれた箇所からパラパラ読むのもいいだろう。

 第1章は「老け顔に見える落とし穴 VS. 見せない技」。この章で特に印象的だったのは「芸能人は法令線が目立たないわけ」という項だ。たとえば、「え~、○○できないの?」という、マイナス思考のフレーズが口ぐせになっている人は、「え」という発音のたびに口角が下がり気味になり、老け顔の原因となる法令線ができやすいという。

 しかし、普段から自分の生活や人生に責任を持っているポジティブな人は、常にキリッと口角を上げている。特に芸能人は、口角を上げて笑うことに加えて、演技したりトークしたりと、日々口元をよく動かし、口まわりの筋肉をしなやかに保っているので法令線が目立たないのだとか。ポイントは「大きな声ではっきり発音して、きちんと話す」こと。意識して「ちゃんと奥歯で噛む」ことも大切なのだそうだ。

 第2章は「幸せ顔・不幸顔の分かれ道」。この章でインパクトがあったのは「お口ポカンは不幸顔の始まり」だ。カフェでスマホ片手に、口をポカンと開けたままメールをしている方はいないだろうか。口元に締まりがないと口呼吸になるため、フェイスラインがゆるんでたるみ、これまた幸薄そうな表情になってしまうのだという。

 口が開いてしまう原因は、歯並びや噛み合わせの悪さ、鼻の疾患など。防止策は「舌の位置」を正すこと。口を閉じているとき、本来舌は上あごの裏に納まっているべきものだそうだが、現代人の多くは、でろんと舌の筋肉をゆるめてしまう。口を閉じて舌をきゅっと上げるように意識するだけで、顔全体も引き上がるのだという。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング