村上春樹最新刊『女のいない男たち』は9年ぶりの短編集

ダ・ヴィンチニュース / 2014年3月15日 9時20分

 文藝春秋から2014年4月18日(金)に村上春樹の短編小説集『女のいない男たち』が発売される。文藝春秋からは昨年4月に刊行され話題を呼んだ長編小説『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』に続いての村上春樹作品の刊行となる。また著者の短編集は『東京奇譚集』(新潮社・2005年9月刊行)以来9年ぶり。

関連情報を含む記事はこちら

 収録作は、北海道中頓別町出身の女性ドライバーがたばこをポイ捨てした場面をめぐって議論を呼んだ、「ドライブ・マイ・カー」(『文藝春秋』2013年12月号収録)や、書下ろし作品「女のいない男たち」を含む全6編。

 その他収録作は、「イエスタデイ」(『文藝春秋』2014年1月号収録)、「独立器官」(『文藝春秋』2014年3月号収録)、「シェエラザード」(2014年2月発行『MONKEY』vol.2 収録)、「木野」(『文藝春秋』2014年2月号収録)。

 全国書店、ネット書店での予約受付は本日3月15日より開始される。


□文藝春秋ホームページ
http://www.bunshun.co.jp/info/140315

□『女のいない男たち』facebookページ
https://www.facebook.com/onnanoinai

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング