映画オタク・中川翔子の姿 ―ブルース・リーに傾倒し、吉永小百合から手紙が届く

ダ・ヴィンチニュース / 2014年3月16日 9時20分

写真

『しょこたんの秘宝遊戯 映画貪欲大全』(洋泉社)

 日本で一番、マルチなオタクぶりを発揮しているタレントと言えば、“しょこたん”こと中川翔子をおいて他にはいないだろう。

関連情報を含む記事はこちら

 マンガ、アニメは言うに及ばず、世界コスプレ親善大使を務めるほどのコスプレ好きで、古い特撮もチェックし、80年代アイドルソングに詳しく、レトロゲームもやりこなし…とこれ以上はキリがないので止めときます。とにかく趣味人としての守備範囲の広さは、もう半端がないのである。

 1月に刊行された『しょこたんの秘宝遊戯 映画貪欲大全』(洋泉社)は中川翔子が持つ顔のひとつ、映画好きとしての一面を凝縮した本だ。

 本書は雑誌『映画秘宝』(洋泉社)に2006年より連載されていた雑談形式のコーナー「しょこたんの秘宝遊戯」をまとめたもの。そもそもしょこたんは13歳の時に『燃えよドラゴン』と『死亡遊戯』を観てブルース・リーに心酔し、以来カンフー映画にハマったほどの映画好き。ブログ等でも映画の感想を洩らすことがあり、山田洋次監督の『母べえ』を観て泣いた、とブログに書きこんだら、主演の吉永小百合が「ブログを見て感動しました」と手紙を書いたこともあるんだとか。

 しょこたんが偏愛してやまない映画を喋り倒す、という極めてシンプルなコンセプトのコラムだが、特筆すべきは毎回気合の入った直筆のイラストが付いてくること。サスペンスホラーの殿堂入り作品『サスペリア』を敬愛する楳図かずお風のスプラッタで描いてみたり、アメコミ原作の『キック・アス』のヒロイン・ヒットガールをプリキュアのような少女マンガのキャラにアレンジしてみたりと、変幻自在のタッチで見事に映画を再現、プロの漫画家顔負けのクオリティである。

 肝心のレビュートークも熱い。なかでも目を引くのはカンフー映画の傾倒ぶりだ。紹介されている79本のうち、ブルース・リーとジャッキー・チェンに関する映画だけでも18本、しかもその内の5本はブルース・リーの伝記映画とドキュメンタリーなのだ! 世界広しといえど、アイドルがブルース・リーのノンフィクション作品について語った本など、これしかあるまい。

 そして、ほとばしるブルース・リー愛を表現する言霊の数々。
「ブルース・リーを知ったからこそポジティブになれたということもあります。心のなかで未知の世界のガラスが割れましたね!」
「ブルース・リーの歴史と功績を振り返ることは、もはや人類にとっての義務教育ですよ!」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング