駆逐してやる! が口癖? 『進撃の巨人』好きに“進撃あるある”を聞いてみた!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年3月26日 17時10分

写真

4月9日に発売予定の最新13巻の表紙

 アニメが終わって半年経った今でも、衰えることのない人気を誇っている進撃の巨人。アニメの2期も原作待ちという噂が流れており、OPも相変わらずカラオケランキングで上位を維持し続けている。

関連情報を含む記事はこちら

 また、2014年4月10日(木)、12日(土)、13日(日)の3日間、神奈川県川崎市のラゾーナ川崎プラザ・ルーファ広場にて、進撃の巨人のプロジェクションマッピングも行われる予定で、ベストビューで楽しめる特別観覧チケットの応募資格を持つauユーザーはこぞって応募している。他に、ロッテリアでも3月6日~、3月20日~と、二度に渡って進撃とのコラボ商品が販売され、進撃コラボの勢いは衰えることを知らない。

 そんな中、アニメ開始前からの原作ファンはもちろんのこと、アニメからのファンもそろそろ十分に熟成されてきたのではないだろうか? そこで、今もなお進撃好きでありつづけ、定期的にオフ会を開催しているファンの方達に、”進撃あるある”を聞いてみた。


<台詞、会話系>
・仲間内での会話で、何かと「駆逐してやる!」などと言ってしまう。
・大手企業に勤めている人や公務員、警察官のことを“憲兵団”と呼ぶ。
・人間を“1.7m級”と表現する。
・花粉、風邪、病気などを「○○が進撃してきた」と表現。
・急にドイツ語を勉強し始める。
・ポテトフライを“蒸かした芋”と呼ぶ。
・怒ることを“巨人化する”と表現。(例:コンビニ行ったらお箸が入ってなくて巨人化しかけた)
・失敗した時に、「何の戦果も得られませんでしたッ!」と慟哭する。

 名言、名セリフの多い進撃の巨人。日常会話で使いやすい単語が多いことから、仲間内では日常的に進撃ワードを多用してしまう、という人が多かった。ちなみに、営業や派遣などあちこち行かされる仕事は「調査兵団」と総称されるそうだ。


<行動系>
・立体起動装置を作ろうと悪戦苦闘した(もしくはしている)。
・キャラクターの誕生日ごとに仲間内(もしくはオフ会)で集まってお祝い。
・パーティション越しに話すと超大型巨人と言われる。
・プリクラを撮る時のポーズは、自然と心臓を捧げるポーズ。
・ブランケットを羽織って、定規を2本両手に持って、駆逐した気分になる。
・お風呂で全裸になって巨人の真似をしてみる。
・巨人化するかどうか指を噛んだことがある。

 台詞だけでなく、ビジュアルも特徴的な進撃の巨人。立体起動装置や衣装、そして巨人など、日常で触れることのなさそうなものが多いが、だからこそふとした時に「これは…!」と、思わずにやっとしてしまうのだとか。


<その他>
・この2014年4月号のアルミンがやばかった。
・オフ会に行くと変態率が高い。
・ハンジの性別なんてどうでもよくなってきた。
・変な指輪をつけている人を見ると、巨人化するんじゃないかと思う。
・夢に巨人が出てくる。

 未だ明かされていないハンジの性別は、もはや気にならなくなってきたとの意見が。他にも、「病弱な友人のあだ名はアルミン」、「KYな人にもアルミン」などもあり、アルミンの人気の高さが窺えた。

 進撃あるある、『進撃の巨人』ファンの皆さんは当てはまっていただろうか? この他にも、まだまだたくさんの意見が挙がったが、今回はここまで。原作も気になる展開で目が離せない。アニメ2期を期待しつつ、一般人に駆逐されない程度に楽しもう!!

文=月乃雫

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング