綾野剛 “トイレにGO!”のハプニングに井上真央は“これ、見出しになるよ!”とツッコミ!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年3月26日 17時10分

写真

左から中村義洋監督・小野恵令奈・綾野剛・井上真央・菜々緒・ダンカン

 3月24日、間もなく公開の映画『白ゆき姫殺人事件』のスペシャルトークイベントが、六本木のニコファーレで行われ、キャストの井上真央・綾野剛・菜々緒・小野恵令奈・ダンカン、そして、中村義洋監督が登壇した。

関連情報を含む記事はこちら

 “白ゆき姫(秘め)トークイベント”と題して行われたこの催しは、女性Twitterユーザー限定で募集した来場者を目の前にして、Twitterを通して送られてくるメッセージがステージ後ろのモニターにリアルタイムで表示され、また、生中継を行なうニコニコ生放送のコメントが左右の壁面に流れるという、インタラクティブなイベント。

 映画で主演する井上真央さんは「今回は姫限定トークということで、何だか会場がいい匂いがしますね(笑)。生放送を見ている方がつぶやく中でやるというのは初めての経験なので、書き込みばかり見てしまいドキドキしています。皆様お手柔らかにお願いします。」と挨拶した。

 共演の小野恵令奈さんは、少し声の調子が悪かったようで「ちょっと声変わりしたみたいで、チーママみたいな声ですけど、今日はしゃべらないキャラでいようかな。」とかすれた声で笑った。

 挨拶が続く途中で、綾野剛さんが「あの、トイレ行ってですか?」と遮ると、壁じゅうに「えええ…!」と文字が流れた。他の出演者が飽きれる中「綾野剛、トイレにGO!」のコメントが映り場内が爆笑した。計らずも場を和ませた綾野剛さんはトイレに行って戻ると「これ、見出しになるよ(笑)」と井上真央さんに突っ込まれ、「映画にマイナスなイメージになるんでやめて。」と赤面した。

 今回の企画にそって、Twitterで寄せられた“女性を怖いと思った経験は?”との質問に答えた小野恵令奈さんは「お世話になっている先輩の誘いで女の子だけで食事に行ってワイワイやっていたんですが、先輩方が先にトイレに入っているところにあとから行ったんです。すると、個室の壁越しに先輩同士が会話をしていて「あいつキモくない?」「いつもでしょ!」とか後輩の陰口を言い合ってたんですよ。怖くなって聞かなかったフリして戻ると、何事もなかったかのように「帰ろうか?」と言うので、なぜだか私がお勘定してお店を出ました。」と女性の裏表の怖さを紹介した。

 菜々緒さんは「私は友達がいないのでまずトラブルにならないです。ただTwitterで炎上した経験があって、その時は女性の方が怖いなって思いました。」と過去のできごとを振り返った。

 映画『白ゆき姫殺人事件』は3月29日(土)より全国ロードショー!

文=ガールズニュース

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング