死者はとんだ金食い虫!? 世界断然1位の日本の葬儀費231万円は妥当なのか

ダ・ヴィンチニュース / 2014年4月15日 11時0分

写真

『0葬――あっさり死ぬ』(島田裕巳/集英社)

 都市での無縁死や孤独死が増えている今、老後の生活費同様に独身者が考えなければならないのが「自らの処分費」。これがめっぽう金がかかるのである。

関連情報を含む記事はこちら

 宗教学者であり、葬送の自由をすすめる会会長の島田裕巳氏の著書『0葬――あっさり死ぬ』(集英社)によると、日本の葬儀平均費用は231万円で、世界の葬儀費用の中でも断然1位。アメリカの44万4000円、イギリスの12万3000円、ドイツの19万8000円で、韓国の37万3000円と比べると、日本の死者がいかに金食い虫であることが分かる。また、これに墓代まで合わせると、実に100万~1000万円の費用がかかるというのである。

 数百万円も葬儀に金をかけるなら、生きている間に使い果たしたい。そう考える人も少なくないだろう。縁遠い実家の墓に無理やり詰め込まれ、「なんで結婚しなかったんだ」なんて、死後まで小言を言われるくらいなら、生前同様、一人安らかに眠りたい。最近では夫の墓に入りたくない妻たちの共同墓地も密かに人気を集めている。要は宗教心が薄れた分、生きている間の業をあの世まで持って行きたくない人が増えているのである。

 そこで近年注目を集めているのが自前葬や自然葬。Amazonや楽天で2万円前後で棺おけを事前準備し、死んだ直後は、通夜や告別式をすっ飛ばして「直葬」で火葬場へ。遺体を燃やし終えたら、海や山に撒いてもらう「自然葬」を生前にセルフプロデュースしておけば、予算を十数万円にまで抑えられる。死んだ直後のどたばたの中で、見ず知らずの業者や僧侶に高い値段をふっかけられる心配もないのだ。

 とはいえ、葬儀代や墓代をけちって、バチがあたらないのだろうか? そんな不安に駆られる人も少なくないだろう。島田氏いわく、死者が出れば丁重に葬らなければならないという通念や観念があるものの、近年の日本はその丁重さがすべて金ではかられるようになっていると指摘する。現在行われている仏教式の葬儀は、もともと修行途中に死んだ雲水のために行われた曹洞宗の葬儀に発しており、十分に生きることができなかった無念さを晴らすという意味がある。ところが、今は80歳、90歳まで生きて「大往生」する人が多く、無念と言えるものではない。その点で現代の葬儀のあり方は、現代の死のあり方にそぐわないものになっているという。要するに死者が無念を残していなければ、大それた葬儀をやる意味はないのである。また、葬儀の意義として、「遺族の悲しみを慰めるためのもの=グリーフ・ケア」を唱える人がいるが、主張しているのはもっぱら葬祭業者や葬祭コーディネーター、僧侶あたりだと皮肉っている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング