50代のコスプレイヤーも 観光庁が聖地巡礼で狙う世界のオタク

ダ・ヴィンチニュース / 2014年4月16日 16時10分

写真

Tokyo Otaku Modeの「Visit Japan」特設ページ。中段の青色のバーには「Seichi Junrei」の文字がある

 日本政府が、海外へ日本観光をアピールする「Visit Japan」キャンペーン。観光庁による、このコンテンツに近年異変が起きているのをご存知だろうか?

関連情報を含む記事はこちら

 Tokyo Otaku Modeとのコラボページにて、なんと、秋葉原案内や「Seichi Junrei」を紹介しているのだ! お堅い政府が、聖地巡礼?

 なにゆえ、このようなページを制作したのか? さっそく、観光庁へ突撃してみることに!

 ご対応いただいたのは、観光庁で海外に日本観光の良さをアピールしている柳孝嶺さん。『SLAM DUNK』や『ドラゴンボール』好きだという。先の聖地巡礼ページを発注したご担当者である。

 さっそくだが、一体なぜ聖地巡礼を国外へアピールしているのだろうか?

「海外で日本のアニメ好きの人は、潜在的に日本に来て頂ける層ではないかという仮定のもと、昨年より海外へ聖地巡礼や秋葉原観光をアピールしています」(柳さん、以下同)

 確かに日本の作品に触れている人は、日本に親近感を抱いているかもしれない。しかも、日本のアニメやマンガ好きのヲタは、過去の取材からも想像以上に多いことが分かっている。それゆえ、お気に入りの作品の舞台を訪れてみたいという気持ちになるのだろう。

 では、さぞかし世界中から「ヲタベラー(ヲタ旅行者)」も増えているに違いない!

「それは……、実は把握しておりません。 訪日観光客へ、消費動向調査という、なにを目的に日本へ来たのか等を調べたデータがあります。その調査で、上位はショッピング、文化・自然体験、日本食と出ています。

 しかし、調査項目には『聖地巡礼』などが含まれていないのです。おそらく、聖地巡礼目的の観光客がいても、数は少ないでしょう」

 なんということだ! 昨年、ついに年間1,000万人以上も訪日したにもかかわらず、ヲタベラーの数は把握されていないと。

 では、海外に聖地巡礼をアピールしても意味がないのでは?

「いえいえ、訪日客のうち、アニメだけが目的の人は、ほとんどいないでしょう。しかし、これは個人的意見ですが、そのなかには、アニメ関連の場所(秋葉原等)を訪れたい人は多いと思います。調査をしていないだけで、ライトなアニメファン層は多く来日していると思います」

 なぜなら、日本を訪れる人の6割が、韓国・台湾・中国と東アジアの方々なのだ。さらに続く2割が東南アジアの方々。つまり、日本アニメに親しんでいる人が多いのである。
買い物ついでに、実は聖地を訪れている可能性もある訳だ。

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング