ダ・ヴィンチニュースの中の人と話す 電子書籍界隈の現状と今後について

ダ・ヴィンチニュース / 2014年5月3日 9時20分

 KindleやKoboがまだ日本に存在していなかった頃に比べると、随分と身近なものになった電子書籍。タイトル数も増えている一方で、まだその使い方や制約などに戸惑いを覚える人も少なくありません。今回は、ダ・ヴィンチニュース(旧・電子ナビ)を編集長として支え続けてきた中の人と、読者アンケートも振り返りながら、電子書籍のこれまでと今後を考えました。

グラフ等を含む記事を読む

----
ま…まつもとあつし
ご…後藤久志(株式会社KADOKAWA メディアファクトリーBC デジタルマーケティング部部長、前ダ・ヴィンチニュース編集長)
----

【アンケートの概要】
「電子書籍に関するアンケート」
対象:286名(電子書籍を利用経験あり、20代以上、日本在住の男女)
調査方法:インターネット調査


■普及が進む電子書籍、「文字モノ」が存在感

ま:電子書籍を読む人が増えているはずなのに、読んでいる冊数に大きな変化がないのはちょっと意外な印象も受けますね。

ご:そうですね。あくまで僕の仮説なんですけど、以前は電子書籍と言えば、マンガを読む人が中心でした。でもそこに、ビジネス書や実用書も読む人たちが加わってきた。ビジネス書は、全体における比率は小さいものの、そのシェアは2倍になっています。

ま:なるほど。

ご:ただマンガに比べて、読む速度は落ちますし、マンガの全巻一気読みみたいなことも難しいですから、冊数を抑える働きをしたのかな、と考えています。小説などは紙の本における比率に近づいてますし、大きな地位を占めるに至っています。電子書籍でよく読むジャンルでは、やはりコミックよりも小説が上回っていますし、いわゆる「文字モノ」がよく読まれていることが分かります。意外だったのは辞書や辞典が9%近くもあったことですね。

ま:本を読んでいる最中にも辞書が引けるのは便利ですし、「電子辞書」が電子書籍より以前から普及していたことが背景にありそうです。紙の本に対してメリットを感じやすい場面でもあり…。


■意外とパソコンで読まれている

ご:パソコンで読んでいる人が意外に多かったのも驚きでした(※4割程度の人がPCでの電子書籍利用経験ありと回答)。

ま:PCユーザーが多いネットアンケートだからという面はあるでしょうが、スマホよりも多いというのは予想外でしたね。いわゆるWebコミックなどはパソコンで読んだ方が、読みやすいし、見開きなどもそのままの楽しめる、という面はあります。出版社によっては、雑誌形式のマンガ誌は、パソコンでしか提供していないこともありますし。

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング