上流階級がボートに乗り込む頃にできあがる「タイタニック角煮」!? 「作り方」の説明が斬新すぎる料理本が話題

ダ・ヴィンチニュース / 2014年5月7日 11時10分

写真

迷惑メールレシピ「大根と鶏つくねの煮もの」

だいち「突然すいません。今日は、お願いがあってきました。」
父「……。」
だいち「鶏もも肉を、僕に一口大に切らせてください。」
父「お前に鶏もも肉は渡さない。」

関連情報を含む記事はこちら

 なんとこの感動的(?)なストーリーは、ある料理本に載せられたレシピなのだ。「この発想はなかった!」「ドラマ化希望」という前向きな意見から「物語風のインパクトが強過ぎて、レシピが頭に入ってこないwww」という意見まで賛否両論。Twitterで密かな話題だ。その料理本の正体は、『syunkonカフェごはん』(山本ゆり/宝島社)。料理ブログ村にて、おうちカフェ部門で1位のアクセス数を誇るブログがムック化されたもので、2014年4月には『syunkonカフェごはんvol.4』が発売された人気シリーズだ。1冊に何個かこんな変わったレシピのページがあるようで、読んでいるだけで面白い。レシピそのものももちろんだが、どんなストーリー展開でレシピがすすんでいくのか気になってしまう。

 料理本を開いてみると、変わったレシピの数々に驚かされる。「事情聴取レシピ」から「教育絵本レシピ」、「シンガーソングライターレシピ」や「迷惑メールレシピ」までバラエティーも豊かだ。中でもネットで話題なのが、「昔話レシピ」。「おじいさんは山へ柴刈りに、おばあさんは豚肉にAをもみ込んでいました。」という謎の昔話が始まる。それ以外にも「少女漫画レシピ」では、何やら胸キュンな展開が望めそうだ。

たかし:大きくなったら一緒に春巻きの皮で包もうね。これ、約束のお守り。
あや: なあに? 綺麗な瓶……何か入ってるわ。
たかし:水溶き小麦粉だよ。俺、東京に行っても、あやのこと絶対忘れないから。

 まったく、どのページを読んでも可笑しくてたまらない、おまけに美味しいものが簡単にできてしまうレシピばかりだ。実際に「迷惑メールレシピ」を試してみた。「件名:一億円差し上げますので、大根の皮を厚めにむいてもらえませんか?」というような感じで進むレシピに少し戸惑いながらも、楽しんでいるうちに美味しい料理ができてしまった。「新感覚料理本である。これなら、わたしにもできるかなwwww」「料理本じゃなくて、小説書けよお前www」とネット住民の心を掴むのも頷ける。

 このシリーズには、他にも物語風のレシピがいくつも掲載されているが、それ以外にも変わった調理の方法が記されている。その代表が、「タイタニックレシピ めっちゃやわらかいラフテー」だろう。名前からして「どんな料理?」と疑問に思うだろうが、そのレシピは見る者を驚かせる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング