なぜ日本人は「ゆるキャラ」が好きなのか

ダ・ヴィンチニュース / 2014年5月8日 9時20分

写真

『キャラクター・パワー ゆるキャラから国家ブランディングまで』(青木貞茂/NHK出版)

 どんな人気タレントよりも、今テレビで引っぱりダコなのは「ゆるキャラ」だろう。時は、「ゆるキャラ」戦国時代。現在世の中には、1500体以上の「ゆるキャラ」がいるらしい。さらに、埼玉県だけでも100体以上の「ゆるキャラ」がいると聞くと、あまりの数に驚かされる。なぜ日本にはこんなにも「ゆるキャラ」が溢れたのだろうか。何がここまで人の心を掴むのだろうか。

関連情報を含む記事はこちら

 青木貞茂氏著『キャラクター・パワー ゆるキャラから国家ブランディングまで』(NHK出版)では、キャラクターに溢れた日本文化の分析を試みている。青木氏は、「ゆるキャラ」ブームがおきた要因として、東日本大震災と地方経済の苦境を挙げている。東日本大震災発生後、人々が感情的・精神的な絆を欲するようになった一方で、地方自治体の経済は困窮した。このような時代情勢の中で、合理性や機能性を超えたエモーショナルな温かさを持つ戦略を考えた時、最も有効だったのが、「ゆるキャラ」という存在だった。地方の名産品の売り込みのためには、元長野県知事の田中康夫や宮崎県知事だった東国原英夫のように自治体に「顔」がないと知名度をあげることができないと気づいたのだ。

 青木氏は「ゆるキャラ」に限らず、日本のキャラクターの特徴として、口が描かれていないデザインの「ハローキティ」に代表されるような無表情さを指摘している。そんな特徴を持つキャラクターを「ムヒョキャラ」というようだが、サンリオに限らず、「くまモン」や「バリィさん」など最近ヒットしたキャラクターは、無表情で設定もそれほど精緻ではない。ディズニーなど、アメリカ生まれの喜怒哀楽がハッキリしたキャラクターとは対照的だ。青木氏によれば、ネズミのくせに犬を飼い、常に口角が上がっているミッキーマウスのような人間らしさを強調して表現することを目指していたキャラクターではなく、日本で好まれるのは、あくまでも人間に隣接した、ペットのような存在なのだ。

 欧米人は、自分を励ましてくれるような存在を欲するが、日本人は何も言わずに自分に同意してくれるものを求める。無表情なキャラクターは、自分の思ったことや感じたことにいつでも同意してくれる存在になることを青木氏は指摘している。複雑な人間関係に疲れた現代人にとって、何も言わずにじっと自分のそばで見守ってくれるキャラクターは癒しの存在となる。人間関係が稀薄な現代、人は人間でないものにまで感情的な潤いを求め、感情移入する。本来、友人や人間との関係において充足されるはずだった安らぎは稀薄化する人間関係によってなかなか満たされない。そのため友人や家族の代替物としてキャラクターが求められるようになったという。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング