【『たまこラブストーリー』レビュー】恋をする全ての人へ、この映画を贈る

ダ・ヴィンチニュース / 2014年5月13日 16時0分

写真

公開から非常に評価の高い『たまこラブストーリー』 ©京都アニメーション/うさぎ山商店街

 青春時代と呼ばれる中学、高校生時代は、多くの人にとって人生の中でいちばん輝いている時間だ。そんな時代に、人は様々な経験をしていく。勉強に励んだり、部活動に打ち込んだり、友人たちとバカ騒ぎをしたり…そして、恋をしたり。

関連情報を含む記事はこちら

 そんな“恋”に、ひとりの女の子が気づき、向き合っていくお話。それが『たまこラブストーリー』だ。

※こちらの記事は一部ネタバレが含まれます。未視聴の方はご注意ください。

 『たまこラブストーリー』は、京都アニメーション制作のオリジナルTVアニメ『たまこまーけっと』の続編となる劇場版。テレビシリーズの最終回から時は流れ、高校3年生に進級した主人公の北白川たまこ。そして、彼女の幼馴染である大路もち蔵を中心にした恋のストーリーが描かれる。『たまこラブストーリー』はただひたすらに王道で、甘酸っぱく、キラキラとした作品だ。


●たまこ、むけました。もちぞう、やけました。
 向かいにある同じ餅屋の子供であり、幼馴染であり、家族のように感じていたもち蔵から愛の告白をされた衝撃に、最初は立ちすくんで逃げまわることしかできないたまこ。その一方で、今まで続いてきた関係を壊すかもしれないと危惧するたまこへ、勇気を振り絞って告白し、さらに卒業後に東京の大学へ行くという選択が正解なのか、悩み続けるもち蔵。

 大きな岐路を前にして立ちすくむ2人を支えるのは、いつも側にいて見守ってくれている家族や、ふたりと同じように青春時代を過ごす親友、そして生まれ育った「うさぎ山商店街」の住人だ。家族愛、親愛、隣人愛、そして…恋愛。2人は多くの人達からたくさんの“愛”に包まれながら、一歩ずつ、今の自分と向き合っていく。その姿はひたすらに眩しい。


●実写らしさとアニメらしさを同居させる心地よさ
 そんな2人の物語が描かれる『たまこラブストーリー』には実写映画、特に往年の日本映画を意識した描写が数多く見られる。こうした傾向は最近の劇場用アニメでは多数散見されるが、本作品はその意識がより強い。特にわかりやすいのは、公式サイトのインタビューで山田尚子監督も触れている「望遠レンズを意識したレイアウト」だろう。遠景カットで背景とともに収められた登場人物達からは、そこに息づく彼らの瑞々しい想いや輝きがより強く感じられる。特に加茂川を舞台イメージとした告白のシーンは、息を呑むほどに美しい。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング