聞き上手になるための3つの習慣

ダ・ヴィンチニュース / 2014年5月16日 7時20分

写真

『1万人インタビューで学んだ「聞き上手さん」の習慣』(佐藤智子/飛鳥新社)

 ある日、友人知人との飲み会で盛り上がって帰宅する夜道で、ふと思った。

関連情報を含む記事はこちら

「あんなに盛り上がったのに、気になるあの人の話を全然聞けてない!?」

 自分をアピールしたかったのか、沈黙が怖かったのか、どっちもなのか、とにかくしゃべりまくったのに、相手の血液型すら分からないまま電車に揺られているのはなぜ?
そうか「聞く」ことができていない─会話がキャッチボールになっていないのだと愕然とした。そして会話力向上を流れ星に願う。

「聞き上手になれますように!」

 というわけで、聞き上手のプロが書いた『1万人インタビューで学んだ「聞き上手さん」の習慣』(佐藤智子/飛鳥新社)を読んでみた。

 著者の佐藤智子氏は、1万人以上の著名人や専門家らへのインタビュー実績を誇る、キャリア20年以上のカリスマ・インタビュアーである。本書には、限られた時間の中で、取材相手の心をつかみ、他では語られなかった言葉を引き出すための心構え技術─「聞き上手さんの習慣」が記されている。数ある中から、今すぐに使える「習慣」を3つ紹介しよう。
 
■「話す」よりも「聞く」
 自分の伝えたいことばかり話し、自分の知りたいことだけを尋ねていても、相手の話は聞き出せない。相手の関心が今どこにあり、何を求めているのか─“ニーズ”を知るための質問をすることが何より大切だと佐藤氏は言う。例としてK歯科医師の会話が紹介されている。
 患者の意志よりも、医者の意見を率直に伝えることを優先してきたせいで、K医師のクリニックは患者が激減していた。佐藤氏のアドバイスを受けK医師は、インプラント(人工歯根)を希望する年配女性の患者に「治療をしたい理由」を尋ねてみた。すると、女性患者は「娘の結婚が決まった」「母親の外見で、女手ひとつで育てた娘を結婚式で恥をかかせたくない」「歯並びはずっとコンプレックスだった」と答えた。
 たったひとつの質問で「治療の期限」「女性の経済状況」「歯並びへの思い」という3つのキーワードが得られた。それは相手の切実な「ニーズ」だ。K医師は、結婚式に間に合うスケジュールを組みつつ、経済的な負担の少ないプランを選んだ。患者は喜び、クリニックにも来院者が増えたという。

■レスポンスは迅速に、リアクションは大げさに
 何か質問して、情報を得たときは─反応をすぐ示す。いわれたことはやってみる。返事はすぐに出す。当たり前のことのようだが、これができる人は案外少ない。「聞き上手さん」は「相手が発した何気ないひと言も聞き逃さない」「どんな相手の話でも、興味を持って耳をかたむける」「どんなことにも、おもしろそう…とすぐ反応する」。つねに情報をキャッチし、相手から引き出し、自然に受け取る習慣が身についているのだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング