非リア充がまたまたイラッ! あの『1DK』に続いて今度はうぶな夫婦のイチャラブマンガが!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年5月21日 7時20分

写真

『うぶうぶふうふ』(かがみふみを/双葉社)

 世の中には、その響きだけで人を非常に不愉快にさせる言葉がある。最近だと、やはり「イチャラブ」。よくぞまあ、こんな言葉が存在するものだ。爆発してしまえばいいのに、この世界ごと。と、なにやら思わずそんな物騒なことを考えてしまうくらい、イラッとしてしまう。

関連情報を含む記事はこちら

 そんな、非リア充にとってはまさに劇薬としかいいようのない「イチャラブ」が、これでもかというくらいつまった作品が先日出版された。それが『うぶうぶふうふ』である。

 作者はかの『1DK』(双葉社)で非リア充を絶望と羨望と嫉妬の渦に叩き込んだ、かがみふみを 。うぶでラブラブなカップルのいちゃつきぶりを描かせたら右にでる者はいないといわれた作家だが、その腕前は今回の『うぶうぶふうふ』でも如何なく発揮されている。

 主要登場人物は基本的に3人。在宅マンガ家へーちゃんと、その妻ちかちゃん。そして子どもの、ゆうくん。物語は、出産にあたって実家に帰省していたちかちゃんが、ゆうくんを連れてへーちゃんのもとへ帰ってくるところからはじまる。はじめての子育てに戸惑いながらも、ゆうくんのかわいさに助けられつつなんとかこなしていく2人。

 しかし、この作品はもちろん単純な子育てマンガでは終わらない。へーちゃんとちかちゃんには、大きな悩みがあった。それは、“男女”としての恋愛的なやり取りが減り、「なかよく」なれる機会、まあぶっちゃけセックスのことなのだが、それがまったくないこと。夫婦仲はとっても良好なだけに、なおさら「なかよく」したい思いが強まる2人。いったいどうしたら、またかつてのようにいちゃいちゃできるのか…。

 もしこういった悩みをTwitterやFacebookなどで見かけたら「勝手にやってろ」と、即画面を閉じること確定の話である。なにが悲しくてそんな話に「いいね!」をつけなければならないのかと、マクラを涙で濡らしながら身悶えしつつ一晩中考えてしまうだろう。

 しかし、この作品、そんなことはおかまいなしに、めくるめく「イチャラブ」世界に突入していく。

 たとえば、ゆうくんのおむつを替える際に、そのナニがかわいく、思わずみとれてしまったちかちゃん。寝る際にそれを思い返し、へーちゃんのナニもかわいかったと記憶をたどりながら頭に思い浮かべる。そうするうちに、へーちゃんのナニが見たくていてもたってもいられなくなり、仕事場に突撃する。戸惑うへーちゃんに対し顔を真っ赤にしながらとかちゃんはこう切り出す。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング