【花子とアン】朝ドラが“朝ドロ”になる!? 花子の腹心の友・蓮子のモデル「白蓮」の正体

ダ・ヴィンチニュース / 2014年5月26日 7時20分

写真

『恋の華 白蓮事件』(永畑道子/藤原書店)

 高視聴率となっているNHK連続テレビ小説『花子とアン』。『赤毛のアン』を翻訳した村岡花子の生涯を描くドラマだが、花子の「腹心の友」である葉山蓮子(演じるのは仲間由紀恵)が出てきて俄然面白くなってきたと話題になっている。その蓮子のモデルは戦前の日本を「白蓮事件」で驚かせた歌人、柳原白蓮だ。生前の白蓮を取材したことがあるという作家の永畑道子氏が白蓮の関係者を探し出し、丁寧に取材を重ねた『恋の華 白蓮事件』(永畑道子/藤原書店)(本書は1982年に出た本の新版なので、取材当時はまだ関係者が存命だった)から、彼女の人生を探ってみよう。

関連情報を含む記事はこちら

 白蓮の本名は柳原燁子(やなぎわらあきこ)。藤原北家の流れを汲む公家で、後に伯爵家となった元老院議員(外務卿も務めた)の柳原前光(やなぎわらまえみつ)伯爵の妾腹の子として、明治18年(1885年)10月15日に誕生した。母は没落士族の娘で、芸者をしていた奥津りょう。没落といっても、りょうの父・新見豊前守正興(しんみぶぜんのかみまさおき)は江戸幕府の遣米使節団の代表を務め、母は大久保彦左衛門の家系の出である(当時、没落士族は珍しいものではなかったそうだ)。りょうは姉と一緒に柳橋で芸者をしていたのだが、美人で有名で、柳原伯爵と落籍(芸者から身を引かせること。身請け)を競ったのがあの伊藤博文というから驚く。しかし父の敵でもあった長州藩出身の伊藤を袖にして、おりょうは16歳で柳原伯爵に囲われる身となる。そして2年後に生まれたのが燁子だ。この柳原前光伯爵は大正天皇の生母である柳原愛子(やなぎわらなるこ)の兄なので、燁子は大正天皇の従妹になる。

 燁子は生後7日目で柳原家に引き取られ、前光の正妻・初子の次女として入籍する。これは妻と妾(りょうとは別人)が同じ屋根の下に住んでいた柳原家での女の争いが背景にあったそうだ。娘と引き離されたりょうはその後病弱となり21歳で亡くなっているが、燁子は産みの母を知らず、華族の娘として育つ。そして華族の慣例にならってすぐに里子に出されて、小学校入学まで乳母に育てられ、小学校入学の7歳で柳原家に戻るが、9歳で北小路家へ養女に出されることになる。これは北小路家の跡取りである資武に嫁入りすることが前提だったそうだ(家同士の事情が複雑に絡み合っている)。7歳年上の資武に迫られ、嫌がる燁子は「妾の子を貰ってやるのだぞ。生意気いうな」と言われ、ここで初めて出自を知ることになる。その後15歳で結婚して16歳で子を生むが、20歳で破婚。しかし世間体を気にして別宅に幽閉されてしまう。ここで燁子を世話したのが、腹違いの姉・信子(夫は昭和天皇の東宮侍従長だった入江為守)。信子から差し入れられる本を読んでもっと学びたいと願うようになり、23歳で東洋英和女学校に入学。ここで村岡と出会い、歌人佐佐木信綱の竹柏園歌会に入門して本格的に歌を学ぶようになる。ちなみに「白蓮」という雅号を使うことを勧めたのは佐佐木だそうだ。

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング