【インタビュー】魅力度最下位の県は蘇るのか? 水戸の無料情報誌『mitonote』の挑戦

ダ・ヴィンチニュース / 2014年5月30日 7時20分

写真

無料情報誌『mitonote』1号&2号(発行:水戸市役所)

 ここ最近「地域ブランド」が次々と商品化されているように、「地元文化を紹介する冊子」も増えているようす。その街を象徴する写真を大きく使った表紙が目立ち、流行りのデザインと充実した内容のそれらの冊子は、無料にもかかわらず書店の雑誌コーナーに並べても引けをとらない存在感がある。ページをめくるたびに、作り手の冊子へのこだわりを感じる。そんな「地域誌」の甲子園ともいえる『文化誌が街の意識を変える展』が、渋谷ヒカリエのd47 MUSEUMで開催(6月15日まで)。そこでは、各都道府県から選抜した47冊の「地域誌」に触れることができる。

【動画・写真あり】詳しい内容はこちら

 そんな「地域誌」の存在意義とはなにか、茨城県水戸市の魅力を発信する情報誌『mitonote』の編集長・沼田誠さん(水戸市役所みとの魅力発信課係長)にインタビューした。

――先日 “魅力度最下位・茨城県の自虐PVが潔い”というタイトルのニュースを発見しました。ピースの綾部さんや渡辺直美さんといった人気の芸人さんたちが登場して面白い反面、“茨城らしさ”から脱皮できていない惜しい感じも受けました。そんな茨城県の県庁所在地・水戸市の立場から地方のPRについて沼田さんが思うことをお聞かせください。

沼田「茨城県は“常陸国”と言われひとつの地域だと考えられがちですが、県外出身の私から見ると、そもそも茨城県はひとつの地域じゃないのではないかと感じます。おおまかには、茨城都民とも呼ばれる県南、水戸藩、栃木県の影響も強い県西の文化に分かれていて、例えば、茨城ネタをやる芸人は、茨城を斜めに見られる県西の人たちが多いですね。その3つの地域をそれぞれ別々にプロモーションしていったほうがうまくいくのではないかと思っています。茨城県にはいろいろな地域資源がありすぎて、全体を描こうとするとあれもこれも取り入れなければならず、キャッチーなストーリーをうまく作れない、というのが、PRがうまくいかない原因ではないかと思います。」

――課題を抱えるなか、プロモーションツールとして『mitonote』が誕生したと思いますが、きっかけは何だったのですか?

沼田「水戸市長が変わったのを契機に、外向けの発信を強化しようと2012年4月に“みとの魅力発信課”ができました。市役所内で異動したい職員の公募があり、応募して異動が決まりました。いってみたら、北九州市の情報誌『雲のうえ』を渡されて(笑)こういうものを作ってくれと言われたのがきっかけです」

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング