ダイエットに抜け道? アイスクリームは、アレと一緒に食べれば太らない!?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年5月31日 7時20分

写真

『わかった! こうして食べれば太らない』(蓮水カノン:著、フクチマミ:イラスト/KADOKAWA メディアファクトリー)

 「ダイエット中だけど、どうしてもチョコレートが食べたい!」「揚げ物が食べられない生活なんて耐えられない!」「お酒はやめられない!」。みなさんがダイエットを始めたとき、いちばん問題になるのが、こういった好物の誘惑に勝てるかどうかではないだろうか。ダイエット中は、甘いお菓子も脂っこい揚げ物や肉類も一切食べてはいけないと思っている人が多い。しかし、『わかった! こうして食べれば太らない』(蓮水カノン:著、フクチマミ:イラスト/KADOKAWA メディアファクトリー)によると、きちんと量やタイミングを守って、いい食べ方をすれば、太らずに好物を楽しむこともできるというのだ。自らさまざまなダイエットを試し、何を食べるとどこが太るかといったことまで研究したダイエット&体型オタクの作者・蓮水カノンが、体を張って発見した太らない食べ方のルールとは、どんなものなのだろうか。

関連情報を含む記事はこちら

 甘いものが好きな女性は多いが、とくにこれからの時期食べたくなってくるアイスは、原材料によって太る場所が変わる。著者の経験よれば、植物性油脂はお尻の下、乳製品はひじや二の腕の下側と足首の上、クリームは二の腕に肉がつくというのだ。できれば氷菓と書かれているものを食べるといいそうだが、どうしても食べたくて我慢できなくなったときは、「アイスを1/2カップあたたかいブラックコーヒーと一緒に」食べれば、週1回までは大丈夫だという。ただし、食べた後に悩むのがダイエットにとっていちばん良くないので、食べるときは「今日は食べちゃいますっっ」と宣言して、楽しく食べるのも重要なポイントらしい。

 また、ダイエットの大敵と思われがちな揚げ物も、実は週1、2回なら問題ないそう。というより、週に1、2回は食べたほうがいいというのだ。カノンは、油を一切食べないという実験を2年続けた結果「肌や筋肉が冷えて固くなってシミのできやすい肌」になり、髪もパサパサギシギシ。顔も手足もすじばって表情も硬くなり、痩せてはいるけど女子としては可愛くない見た目になってしまった経験があるそう。ただし、食べる際は揚げたてであることとキャベツではなく生の大根も一緒に食べること、食後に温かいお茶を飲むことを忘れてはいけないらしい。繊維と酵素のバランスが良く、消化と排出の手助けをしてくれる大根と、余分な油を洗い流してくれるお茶のコンビは、胃もたれせずに揚げ物を楽しむためにも必要不可欠なようだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング