デビュー17年、再ブレイクで注目されるモー娘。 ”今”を知るためのおすすめ曲を紹介

ダ・ヴィンチニュース / 2014年6月5日 7時20分

写真

『ダンスの力 モーニング娘。AKB48…愛する教え子たちの成長物語』(夏まゆみ/学研パブリッシング)

 AKB48、ももいろクローバーZ、BABYMETALなどの台頭により、盛り上がりをみせる2010年代のアイドルシーン。地下アイドルやご当地アイドルの隆盛、「歌ってみた」「踊ってみた」動画への派生など、様々な背景がある中で、ここにきて「モーニング娘。’14(以下、モー娘。)」への注目が高まっている。auのCM起用や、ソチ五輪での公式応援ソング提供など、各メディアにて次々と話題が繰り出されているほか、Web上でも「今のモーニング娘。」というキーワードが浮かび上がるなど、世間の関心が上昇しつつある。

関連情報を含む記事はこちら

 デビューから17年目。安倍なつみや後藤真希、辻希美や加護亜依などが在籍していた、いわゆる「黄金期」の記憶を残している人たちも少なくないと思うが、ふたたびモー娘。へ興味を抱いた人たちへ向けて、これまでの歴史を振り返ると共に、モー娘。を愛してやまないライターによる「今のモー娘。を知るためのおすすめ曲」をいくつか紹介していこう。


■モー娘。のデビューから『LOVEマシーン』、そして現在へ
 モー娘。がデビューしたのは1997年。当初は、オーディション落選者により結成されたユニットだったが、メンバー加入やメディア出演などで話題を集めていった。そして、1999年。後藤真希の加入と『LOVEマシーン』発売をきっかけに、国民的アイドルグループの地位を不動のものにしていった。現在、活躍しているアイドルユニットのメンバーからも、当時のモー娘。への憧れを抱く発言を多くみかけるが、その功績の裏には振り付け師・夏まゆみの存在があった。

 夏まゆみは著書『ダンスの力 モーニング娘。AKB48…愛する教え子たちの成長物語』(学研パブリッシング)にて、当時の記憶を振り返っている。夏は振り付けやその指導にあたり、常々「振りまで含めて歌っていること」という精神を注ぎ込んだと語る。そして、2007年までのあいだ、『ハッピーサマーウェディング』『恋愛レボリューション21』など、次々とヒットを飛ばすモー娘。へ、指導者として時には厳しく、いっしょに涙を流しながら、老若男女の誰もが歌い、踊りたくなるというアイドルユニットの成長を支え続けてきた。

 モー娘。は、今でこそアイドルユニットの主流となった「メンバー加入」と「卒業」を繰り返すシステムを確立したが、初期メンバーから脈々と受け継がれるプロとしての精神を踏襲して、歌やダンスというパフォーマンスを日々進化させ続けている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング