「中恵光城」新人声優のインタビュー&ミニグラビア【新人声優図鑑・第15回】

ダ・ヴィンチニュース / 2014年6月9日 16時0分

写真

声優だけでなく、『少女病』やセルフプロデュースでも活躍中の中恵光城さん

 これからの活躍が期待される新人声優に、声優を目指したきっかけや、初めてのお仕事、そしてプライベートなことまで、気になるあれこれについてインタビューを行い、さらに撮り下ろしのミニグラビアも交えて紹介する人気企画「新人声優図鑑」。 第15回となる今回は、声優としてゲーム『剣の街の異邦人』レイン役や『東京新世録 オペレーションアビス』ムーラ役を演じるほか、少女病(Mitsuki名義)やセルフプロデュースプロジェクト・ABSOLUTE CASTAWAYでボーカル&作詞を行っている中恵光城(なかえ・みつき)さんです。

【オリジナルグラビア(計5枚)あり】関連情報を含む記事はこちら


――今までは、主に音楽活動をされてきたのですね。

中恵:少女病ではMitsukiとしてボーカルと作詞を、ソロプロジェクトのABSOLUTE CASTAWAYでは、中恵光城のソロ名義で作詞・歌唱したCDをリリースしたり、ゲームやOVAの楽曲を担当させていただいています。

――最近は、声優としての活動も。

中恵:2009年に少女病としてメジャーデビューさせていただいたのですが、もともと最初に目指していたのは声優だったんです。声優の夢を追いかけたくて、去年4月から事務所に所属しました。

――その後、2つのゲームに出演されていますね。『剣の街の異邦人』(Xbox 360)のレイネーリアはどんな役でしたか?

中恵:レイン(レイネーリア)はエルフの女性です。外見は、褐色の肌で強そうな女戦士みたいなのですが、当主に仕えていて、喋り口調がとても丁寧なんです。ただ、“キレる”とめちゃくちゃ乱暴になるんですよ。二面性があるキャラクターだったので、スイッチのオンオフをうまくできるように頑張りました!

――では、『東京新世録 オペレーションアビス』(PS Vita)のムーラはどんなキャラでしたか?

中恵:ぬいぐるみみたいなマスコットキャラクターで、言葉を喋るんです。どっちかというと少年っぽいのかな。ちょっと口が“ワルい”うさぎ、みたいな感じです(笑)。

――ほかには、どんな作品に出演していますか?

中恵:トレーディングカードにアプリがついた『ヒーローズプレイスメント』では3つのキャラを演じました。都道府県から市区町村までを網羅したご当地キャラで。埼玉県深谷市の深谷祢宜ちゃんは「ねぎ」って呼ぶと怒るツンデレですが(笑)、「まじかるアリシン」っていう得意技で食卓の鍋を華麗に彩るんですよ。石川県白山市のリーリエ・ヴァイスベルガーちゃんは「呪いの歌に精通しているという、かなりガチなクロユリの精霊です」。 北海道恵庭市の島松恵美ちゃんは、「前へ!」「ファイアー!」という感じで戦隊を操る軍隊少女で、どのキャラも楽しかったですね。個人的には和風が好きなので、京都のキャラも演じてみたいです! ほかに、『LAMI』という子供向けアニメーションではナレーションを含め、全9役を演じました。

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング