今、最も熱い注目を浴びる脚本家・岡田麿里の作品を振り返る

ダ・ヴィンチニュース / 2014年6月16日 14時40分

写真

今、最も熱い注目を浴びる脚本家・岡田麿里の作品を振り返る

 現在好評放送中の『selector infected WIXOSS』と『M3-ソノ黒キ鋼-』。ダークな展開から目が離せないこのオリジナルアニメの脚本を手掛けているのは、脚本家の岡田麿里さん。同時期に二本のオリジナルシリーズを担当しているのは、業界内外から、評価されている証拠かと思われます。

【画像あり】関連情報を含む記事はこちら

 ついに最終回を迎える『selector infected WIXOSS』や、今後の展開が気になる『M3-ソノ黒キ鋼-』をより深く知るために、岡田さんがこれまで関わった作品を振り返ってみましょう。


○true tears
 造り酒屋のひとり息子で絵本作家志望の仲上眞一郎は、その幼馴染で親を亡くして仲上家に引き取られた湯浅比呂と、突然現れた天使のような少女、石動乃絵との間で揺れ動く。北陸・富山を舞台とした切なくも美しい恋物語です。

 アニメファンの間で岡田さんの名前が広く知れ渡るきっかけになったのがこの作品でしょう。岡田さんはシリーズ構成として参加。各話脚本では主に乃絵が活躍する回を担当。そのエキセントリックだけど愛らしくそしてどこか危うい行動に、岡田さんのアイデアの豊富さが見て取れます。 ゲーム原作の作品ですが、共通しているのはタイトルだけで、内容はほぼ完全なオリジナル。これは、カードゲームだけど内容はほぼオリジナルの『selector』のいわば先輩格と言えます。

 思春期の少年少女の生々しい感情を描きながら、どこか崇高な雰囲気を湛えたこの作品、岡田さんが最初に参加したP.A.WORKSのアニメでもあります。地元の北陸を舞台に、美麗な背景、ハイレベルな作画の青春アニメを手掛ける……というP.A.WORKSの黄金パターンを確立した作品です。 脚本家とスタジオの出世作になった本作。岡田さんがこの作品に参加するきっかけになった作品があるのです。


○シムーン
 人がみな少女として生まれ、大人になるときに自ら性別を選ぶ世界、大空陸を舞台に、孤高のエンジン「ヘリカル・モートリス」を持つために侵略を受けるシムラークルム宮国の少女たちの戦時下の青春を描いたオリジナルアニメ。

 岡田さんは後半のメインライターとして参加。西村純二監督とのコンビで耽美的なSF世界をきっちり描き切りました。本作での岡田さんの脚本は、どちらかと言えば理知的で構成に注力されています。途中参加なのに複雑な設定と数多くの登場人物、そして深いテーマをしっかり捌いて高い実力を見せたのです。 本作品で西村監督からの信頼を得た岡田さんは、上述の『true tears』でも誘われてコンビを組むことに。

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング