【危険なのは親の気持ちの先走り】W杯を見て、子どもにサッカーやらせちゃう親御さんに読んでほしい1冊

ダ・ヴィンチニュース / 2014年6月20日 11時30分

写真

『少年サッカーは9割親で決まる』(島沢優子:著、池上正:監修/カンゼン)

 W杯で盛り上がる日々。テレビでは日本代表選手の少年時代のお宝プレー映像が流れ、家族の談話が紹介される。日本のスポーツ報道ではおなじみの特集だ。

関連情報を含む記事はこちら

 それとセットのように、世界的なスポーツ大会の後には「スノボスクールに問い合わせ殺到」「娘にフィギュアスケートを」など、子どもにスポーツを始めさせる親が続出する。

 今回のW杯後にも、同様の現象は起こるだろう。否定するつもりはない。きっかけがどうであれ、スポーツをすることは、とても良いことだと思うから。

 だが、危険なのは「親の気持ちの先走り」だ。スクールやクラブチームに子どもを放り込めば、勝手に天才プレイヤーが生成されるわけではない。そこには、成功も挫折も、面倒な人間関係もお金も絡んでくる。過剰な期待で飛びつく前に、親御さんたちはよく考えて欲しい。なぜ子どもにサッカーをさせるのか? そして、親は子どものスポーツとどう関わるべきなのか?

 『少年サッカーは9割親で決まる』(島沢優子:著、池上正:監修/カンゼン)を読んでみた。JEF市原や京都サンガでジュニア世代の育成に携わってきたプロコーチ・池上正氏が、悩める親たちの質問に答える形式で、様々なアドバイスを送ってくれる。

 だがなぜ─『少年サッカーは9割親で決まる』のだろうか?

 本書にある数々の質問の中から、3つを取り上げ、その答えと共に少年スポーツにおける親の在り方を探ってみよう。


■ケース1「ウチの子、やる気がビミョー」
【質問】サッカーに興味がある息子だが、運動能力に自信が持てず、少年団への参加を“やってみたいけどどっちでもイイ”とあいまいな態度。経験させるのは押し付け?

 池上氏はこう答える。「本人が本当に望むなら、その子に合った、できるだけいい環境を探すのが親の務め」。

「楽しくサッカーができて、全員が試合を経験できそうな、指導者が全員のことを考えてくれるクラブ」

 これを基準に検討しよう。そして、一度入れてみて、本人がやめたい場合は、無理に続けさせてはいけない。逆に、上達しないからとやめさせるのもダメ。やめた場合は「サッカーじゃないものを探そう」と一緒に考えてあげればいいし、続けるなら応援する。

 「執着するかどうかを決めるのは子ども」だし、「小学生の間は楽しくできるサッカーを目指してほしい」と考えるのがちょうどいい。親は「何のために子どもにサッカーをさせるのか?」を自問自答しよう。「サッカーを勉強に置き換えればわかりますね」と池上氏は語る。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング