TEDxTokyoのプレゼンは、なぜあんなに聴衆を魅了することができるのか

ダ・ヴィンチニュース / 2014年6月24日 7時20分

写真

『TEDパワー 世界と自分を変えるアイデア』(パトリック・ニュウエル/朝日新聞出版)

 5月末に行われた「TEDxTokyo 2014」の感動が未だに胸の中に広がっている。TEDとは、“Ideas Worth Spreading”をコンセプトとして、「広げる価値のあるアイデア」を世界に発信することを目的にしたアメリカの非営利団体。そのTEDからライセンスを受けて、TEDxTokyoではあらゆる分野の一流達が東京でスピーチやパフォーマンスを行った。観衆を魅了してやまないアイデアの祭典・TEDxTokyoは一体どのような思いから日本で開催されることとなったのだろうか。TEDxTokyoの登壇者のような感動的なプレゼンを行うにはどうしたら良いのだろうか。

関連情報を含む記事はこちら

 『TEDパワー 世界と自分を変えるアイデア』(朝日新聞出版)では、パトリック・ニュウエル氏がTEDxTokyoを立ち上げた経緯や、より素晴らしいスピーチを登壇者に行ってもらうための方法等、イベントの裏側にも触れた1冊である。1991年より日本に住み、教育活動に携わっていたニュウエル氏は、日本の人々とアイデアを共有し、発展させ、学んでいく場を作りたいと思い、このイベントを立ち上げたのだという。

 ニュウエル氏によれば、21世紀以降、変化の起きるスピードはかつてないほど速くなり、その変化に対応する能力として、「創造的知性」(Creative Intelligence)が求められるようになってきたという。ニュウエル氏にいわせれば、日本人は創造的知性が非常に高い。だが、控えめな性格や完璧を求めるメンタリティが、その発揮を阻んでいると感じられるという。アイデアは誰かに伝えてアクションを起こさなければ、ないのと同じだ。アイデアを広げる場を生み出したいと考えたニュウエル氏は、日本においてTEDxTokyoを立ち上げるに至ったのだ。

 日本人にとって、TEDは世界の素晴らしいプレゼンテーションを聴くことのできるイベントという印象が強い。しかし、プレゼンテーションという要素はTEDの中のほんの一面にすぎない。TEDの根幹にあるのは、あくまでも世界に広めるべきアイデアだ。

 TEDxTokyoでは、キュレーションを担当するニュウエル氏が、事前に登壇者候補となる人全員に会って、それぞれ1時間程度話をしている。しかし、これは登壇者の審査ではなく、プレゼンテーションのノウハウを指導する場でもない。ただ、登壇者の中にあるアイデアや話したいことを引き出すことに集中しているという。「あなたの夢は何?」「今あなたが興味をもっていることは?」「あなたにとって情熱とは?」登壇者にあらゆる質問をしながら、彼らとともにブレインストーミングを行い、今よりも良いアイデアがないか、意見を出し合うのだ。今までにたくさんプレゼンを経験してきている人ほど、すでに完成された資料を用意して、提案してくるが、大抵の場合、そうした提案からは、ひらめきは生まれない。「もうパソコンはとじて別の話をしよう」と話を切り替えることで今まで出て来なかったアイデアが生まれるのだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング