いまさらですが! メールは、LINEは、なぜ届くのか?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年6月30日 7時20分

写真

『メールはなぜ届くのか』(草野真一/講談社)

  『メールはなぜ届くのか』(草野真一/講談社)という本を紹介させていただきたいと思うのですが、画面越しに「いまどきメールかよ!」という熱いツッコミの波動を感じています。この本の著者も正直そう思ったそうなのですが(!)、なぜあえて今メールなのかと申しますと、電子メールは、ITの世界では古くからある「枯れた」技術で(「枯れた」というのは、たくさん使われて問題が出尽くして安定した、というニュアンス)、「インターネットそのもの」がどういうものであるかを知るのに持ってこいの題材だからです。

関連情報を含む記事はこちら

 さっそくですが、「メールが届く仕組み」を理解するためには、把握しておくべき前提が3つあります。
(1)メールとはなんなのか?
(2)インターネットはどんなものか?
(3)プロトコルとはなんなのか?

……(1)の「メールとはなんなのか?」ですが、これは「すべて一様にデジタルデータなのだ」ということを押さえておく必要があります。メールに限らず、コンピュータが音楽や画像や映像などを取り扱うときも、すべて一様にデジタルデータです。デジタルデータというは、「10001010101010……」という1と0で表される列のことです。なぜ1と0なのかというと、それがコンピュータが扱うのに適したかたちだからです。

 次に(2)の「インターネットはどんなものか?」というのを理解するには、コンピュータ・ネットワークについて知る必要があります。コンピュータが複数つながって、相互に「通信」が可能になったもの、それがコンピュータ・ネットワークです。例えば、家庭内でルータを中心にしてパソコンやスマートフォンや携帯ゲーム機なんかがつながっているのが、コンピュータ・ネットワーク。家庭のルータは、そこから外に出て、プロバイダさんのネットワークにつながっていて、プロバイダさんはさらに上位のネットワークにつながっています。こうしてつくられた巨大なコンピュータ・ネットワークの集合体が「インターネット」です。

 ここまでをまとめると、「メールを送る」というのは「10001010101010……」というようなデジタルデータ(1)を、複数のネットワーク間で相互に通信する(2)こと、ということになるわけですが、これだけだとじゃあ「10001010101010……」というデジタルデータが、「どこに届けるものなのか」とか「どういうタイトル・メッセージなのか」がなんで分かるんだ? という疑問が生まれます。その疑問を解決するのが(3)の「プロトコル」です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング