目からウロコの“コクヨ式”オフィス環境の整え方【ブレストはスタンディング・バーで!?】

ダ・ヴィンチニュース / 2014年6月30日 15時0分

写真

『コクヨ式 机まわりの「整え方」 社内で実践している「ひらめきを生む」3つのコツ』(齋藤敦子/角川書店)

 みなさんは、職場で1日中同じデスクに座りっぱなしで仕事をしているだろうか?

関連情報を含む記事はこちら

 定位置に座って応対する受付や、外回り中心の営業職など、仕事内容によって違いはあると思うのだが、おそらく内勤職の方でも、日に何度かは場所を変えて打ち合わせをしたり、机を変えて作業をしたりすることもないだろうか。

 筆者は会社員時代、プレイングマネージャー的なポジションだったこともあり、取材や撮影がない内勤日は、自分のデスク以外で社内打ち合わせや作業をすることが多かった。たとえ机が隣同士でも、ちゃんとミーティングテーブルに移動して打ち合わせを行ったり、仕事柄、常に複数の企画を同時進行&管理したりするため、企画ごとに資料を入れるファイルの色を変えるなど、行動や形で“区切り”をつけ、気持ちや頭を切り替える必要があったからだ。

 にもかかわらず、忙しさを言い訳に自分のデスクまわりの整頓にはまったく手をつけず、引き出しの中には大量のボールペンや修正ペンがどっさり。たぶんもう使わない資料や名刺でパンパンの引き出し。新製品発表会に行くたびに配られるサンプルなどがあふれて整理できず、作業効率を著しく下げていた。

 さらに筆者以外にも同じようなデスク状態の社員が何人かいて、フロアのあちこちにカオスな一角をつくり、自分のみならず、みんなの生産性が下がるような社内環境を放置していたのである。

 もっと社内環境がよくなれば、仕事がスムーズに展開していい企画だって浮かぶのに…。

 などと自分のものぐさを棚に上げ、都合のいいことを考えていた当時の自分に、ぜひ読ませたい本を発見した。オフィス家具・文具メーカーのコクヨの、長年の調査研究によってたどりついた結論と提案がつまった、『コクヨ式 机まわりの「整え方」 社内で実践している「ひらめきを生む」3つのコツ』(齋藤敦子/角川書店)だ。

 文字どおり、本書は片付けのコツや自分のデスクまわりだけの整頓が目的の本では、ない。生産性の上がる「机」にはそれなりの法則があり、机の形や置き方でチームの他のメンバーとの関係性が決まり、書類整理の仕方がひらめきの精度を変え、文具の使い方次第で仕事の生産性も向上するのだという。

 具体的に、本書でどんな提案がなされているのかというと

●仕事の成果は「机まわりの環境」で9割決まる!
・引き出しから「文具を解放」する
・「デスクの真ん中の引き出し」はカラにしよう etc.

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング