遠隔転送装置に“スモールライト”!? 3Dプリンタの未来はどうなる?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年7月4日 11時40分

写真

『SFを実現する 3Dプリンタの想像力』(田中浩也/講談社)

 今年5月、インターネットから得たデータをもとに、自宅の3Dプリンタでお手製の銃を作ったとして男が逮捕された。皮肉な形でスゴさを世に知らしめてしまったが、3Dプリンタは今後、どんなふうに活躍するのだろう? デジタル工作機器に詳しく、次世代工学者として注目を集める田中浩也さんの著書『SFを実現する 3Dプリンタの想像力』(講談社)をひも解いてみよう。

関連情報を含む記事はこちら

 そもそも3Dプリンタとは、「通常のインクジェットプリンタに、さらにもうひとつ、高さ方向のZ軸を加えたような構造」になったもの。田中さんが自宅に2台目の3Dプリンタを導入したとき、その説明書を見て衝撃を受けたという。そこにはこう記してあった。

「この3Dプリンタの電源を入れて、何よりも最初に出力してほしいものは、この3Dプリンタ自身の部品です。データはウェブサイトに公開しています。それを出力して大切に保管しておけば、壊れた際にもすぐに部品交換ができるでしょう」

 さっそくウェブサイトをのぞいてみると、そこにはバージョンアップ版の部品の最新データがズラリ。ソフトウェアの“アップデート”の概念が、いまや物理的な「もの」の世界にも浸透しつつあることを実感したという。

 そんな3Dプリンタの使い道について、本書で紹介された具体的なアイデアをいくつかご紹介しよう!

●「もの」を送受信できる“遠隔転送装置”
「たとえば子供が学校でつくってきた粘土の像を手元で3Dスキャンして、それを実家のお祖母さんにデータで送れば、お祖母さんの手元で3Dプリントして、同じカタチをちゃぶ台の上でも出力することができる――そうした方法でモノを別の場所に送り届けられるような技術です」

 まさにSFの世界だが、3Dプリンタはデータを扱うことから“拡大”や“縮小”もお手のもの。たとえば、ドラえもんのこんな道具も再現できるらしい。

●“スモールライト”や“フエルミラー”も実現!?
「3Dプリンタと3Dスキャナーがあれば、疑似的ではありますが、“スモールライト”や“フエルミラー”を実現できます。(中略)あるいは、音声認識と組み合わせれば“コエカタマリン”もつくることができます」

 もちろん、本体そのものを小さくしたり、増やしたりできるわけではなく、同じものがもう一個できるという話。田中さんの研究室では、ほかにも「ちょっとした思いつき」で面白いものが生まれている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング