石上静香、黒沢ともよ、水瀬いのり。元声優雑誌編集者が選ぶ、期待の若手女性声優!【第3回】

ダ・ヴィンチニュース / 2014年7月12日 5時50分

写真

左から石上静香、黒沢ともよ、水瀬いのり(敬称略)

 “この子は伸びる!”と若手声優の声、喋り、キャラクターを嗅ぎ分けること、早10年。彼女たちがブレイクすることに最高の幸せを感じていた元声優雑誌編集者が、今後見逃せない若手声優をご紹介! たくさんの反響をいただいているこの企画、新しい推し声優を探す指針になれば…。

【若手女性声優の画像あり】関連情報を含む記事はこちら

○石上静香(いしがみ しずか)
9月14日生まれの25歳。東京都出身。プロ・フィット所属。
主な出演作:『健全ロボ ダイミダラー』(喜友名霧子役)、『精霊使いの剣舞』(エリス・ファーレンガルト役)、『まじもじるるも』(井上澄子役)など。

【恥じらう女子は、永遠の憧れ】
 この夏、グイグイきている女性声優だけに、すでに注目している人は多いと思う。現在のところ、「恥じらい」を演じさせたら天下一品という印象。恥じらう女子は、永遠の憧れ! ぜひ「恥じらい」をバネにどんどんステップアップしてほしいと思っている。

 さて、彼女が演じる「恥じらい」とは。鮮烈だったのは、先月まで放送していたTVアニメ『健全ロボ ダイミダラー』第2部のヒロイン・喜友名霧子(きゆな きりこ)役。昭和の香りを漂わせるスパロボアニメと思いきや、とんでもなくハレンチ…と思えば大真面目にギャグをやってのけるこの作品において、霧子はハレンチの象徴。このアニメに霧子の恥じらいは不可欠な存在だった。幾度となくボディを弄ばれ、一様に戸惑いは見せる霧子。でも、なんだか可愛い声を上げてるし……まんざらでもないよね?

【“お堅い性格”は、崩されるためにある…!】
 そして、この夏演じるのが『精霊使いの剣舞』のエリス・ファーレンガルト役。既刊13巻、累計発行部数150万部を超える人気ライトノベルのアニメ化である。4人登場するヒロインのうち、エリスはちょっとお堅い、けれど中身は乙女、かつナイスバディ&青髪のセクシー担当。そこで、声を大にして言いたい。“お堅い性格”とは、崩されるためにある…! 主人公にいじられ、赤面して恥じらいを見せるエリス。果たしてその心(乙女)は徐々に露わになるのか否か——!?

【にーそっくすす内のあだ名は「ずっち」】
 本人の人柄にも触れると、言葉は多くないが一生懸命に話す真面目ぶりがイベントなどで目撃されている。『精霊使いの剣舞』の女性声優ユニット・にーそっくすすの5人の中ではいちばん小柄。あだ名は「ずっち」。ユニットの時はエリスと同じポニーテールで、好感度抜群! さらに、現在放送中の『まじもじるるも』にも風紀委員・井上澄子役で登場しているようだ。ぜひぜひ注目を!

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング