驚くほどホクホクの肉じゃがをつくる方法とは? 2013年いちばん売れた料理本から学ぶ、一生使える料理テク

ダ・ヴィンチニュース / 2014年7月23日 12時0分

写真

『はじめてでも、とびきりおいしい 料理のきほん練習帳』(小田真規子/高橋書店)

 人生80年と考えると、人が生涯の間に食事をする回数は、約8万7600回になるそうだ。

関連情報を含む記事はこちら

 そのうち自分のため、あるいは誰かのために料理をつくる回数は、あと何回くらいあるのだろうか。誰だってできればおいしい料理を食べたいし、ご飯がまずいと悲しい気持ちになってくる。

 そこで、2013年にいちばん売れた料理本(トーハン/日販調べ)、『はじめてでも、とびきりおいしい 料理のきほん練習帳』(小田真規子/高橋書店)から、いつもの料理をカンタンに「おいしくするコツ」を学んでみたい。

 著者である料理研究家&フードディレクターの小田真規子先生は、女性誌を始め、企業のメニュー開発などでも活躍する、レシピの達人。初心者から料理をつくり慣れた人まで、いつもの料理に革命が起きるその秘密とは、意外かもしれないけれど、まずは「レシピどおりにつくる」ことだという。本書ならではのレシピの秘密は、次の3つのポイントにある。

1)成功のカンどころから基本技術まで押さえた、わかりやすいレシピ構成
2)「一口大」「少々」「しんなりする」など、レシピ特有の「レシピ語」も解説
3)本書でスタンダードな「おいしさの基準」をもつことで、好みの味つけが明確になる

そもそもレシピは、おいしい料理をつくるための「近道が書かれた地図」のようなもの。それを無視して自己流にアレンジしたり、めんどうだからと材料や時間を計らないから、おいしさにたどりつけないのだ。このあたり、ふだん“自分の感覚”で料理をして、イマイチだと感じている人間には耳が痛い。さらに、本書によるいつもの料理がおいしくなるひと手間がまた、カンタンそうで魅力的だ。
ex.
●いつものカレーにコクを出す→「薄切り」と「くし切り」、2種類の切り方の玉ねぎを入れるとコクが出る!
●うま味がひきたつしょうが焼き→調理の後半、フライパンの中で「あとふり小麦粉」することで、驚くほど肉がやわらかに!
●ジュワッと肉汁したたるハンバーグ→表と裏を「4:10の法則」で焼く!

どれも今すぐ試したくなるけれど、今回は数あるレシピの中から筆者がつくり慣れている「肉じゃが」がどこまでおいしくなるのかトライしてみた。ふだん料理をするときはダブレットでレシピサイトを開き、それを見たり見なかったり、なりゆきでつくる。しかし今回はシンクに開いた料理本を置き、切り方から忠実に再現してみた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング