1人のフリーライターが綴る「娼婦たちが見た日本」 ―アニータは本当に悪女だったのか?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年7月29日 11時0分

写真

『娼婦たちから見た日本』(八木澤高明/KADOKAWA 角川書店)

 アニータ・アルバラードという女性を覚えているだろうか。

関連情報を含む記事はこちら

 青森県住宅供給公社に勤める男性と結婚し、夫が公社から横領した16億円のうち約12億円を貢がせたチリ人妻として、ワイドショーや週刊誌にひっぱりだこだった人物だ。稀代の悪女と騒がれた後、お笑いやモノマネのネタとして使われていた光景を思い出す方は多いだろう。

 でも、アニータが出稼ぎのために日本へやってきて、売春で生計を立てていた「じゃぱゆきさん」だったことを記憶している人は、果たしてどれくらいいるだろうか。

 2010年1月、ライターの八木澤高明はアニータに会うためにチリへと向かった。

 かつてマスコミを賑わせた悪女がその後どうなったかを知るため、ではない。「じゃぱゆきさん」としてやってきた彼女が日本という国をどう思い、過ごしていたかを八木澤は知りたかったのだ。

 八木澤高明『娼婦たちから見た日本』(KADOKAWA 角川書店)はアニータのような女性、つまり娼婦たちの生活を追ったルポルタージュだ。徹底した現場主義の八木澤は、横浜黄金町、沖縄、チリ、フィリピン等々、国内外のあちこちを飛び回り、夜の街で働く女性たちの姿を記している。

 本書における八木澤のスタンスは、プロローグに書かれたこの言葉に全て集約されている。

 「娼婦は、常に日陰に生きている。その存在から漂ってくる危うさ故に、私は彼女たちを知りたくなってしまう。旅を続けていくうちに、売春の歴史も辿ることで、日本という国を普段とは違った角度から見られるのではないかと思った。」

 それぞれの事情を抱える娼婦たちの暮らしを活写しながら、そこから浮かび上がる日本社会の姿、日本の歴史を読み解く。そうした「日本とは何か」という問いに貫かれているところが、単なるルポに留まらない読み応えを本書に与えているのだ。

 例えば、横浜黄金町の売春街。2000年初めにこの街の取材を開始した八木澤は、ユリというタイ人娼婦の交流と、警察の取り締まりで廃れていく街の風景を描きながら、黄金町がなぜ娼婦の街として発展していったのかを1853年のペリー来航までさかのぼり、丹念に紐解いていく。

 横浜の売春史は1859年、幕府が横浜開港の直後、外国人向けに作った「港崎遊郭」にはじまる。訪れる外国人が増えるにしたがい、チャブ屋と呼ばれる横浜独自の風俗が流行り賑わいをみせるが、日米開戦とともに衰退。大空襲によって焼け出された横浜に再び風俗の隆盛をもたらしたのは、アメリカ進駐軍であった。伊勢佐木町に流れる野毛から黄金町にかけての大川沿いに、米軍基地から流れてくる物資を売る闇市が立つ。黄金町はそこに集う労働者相手の売春から発展していったのである。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング