夏バテしにくいカラダの5条件とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年7月31日 11時30分

写真

『ホントはコワイ夏バテ51の対策 夏に負けない身体をつくる』(福田千晶/日東書院本社)

 夏といえば、イベント目白押しの季節。海やプール、花火やお祭り、そしてオタクの一大イベントであるコミックマーケット、通称“コミケ”。
コミケには毎年何十万人もの人が訪れ、会場は温度と湿度でまさに地獄。体調不良を訴える人や倒れる人が後を絶たない。水分やタオル、冷えピタなどの装備を万全にして挑むのは、常連の中ではもはや常識だが、できることなら暑さに負けない強い体を手に入れたい。

関連情報を含む記事はこちら

 そこで参考になりそうなのが、『ホントはコワイ夏バテ51の対策 夏に負けない身体をつくる』(福田千晶/日東書院本社)。夏バテで苦しんだ人の生活スタイルや行動が分かりやすく書かれており、日々の生活の中でできる夏バテ対策を知ることができる。今回は本書の中から、簡単にできる対策をご紹介しよう。

まず、どういった身体を作れば夏バテをしにくいのか。この本のP82に、夏バテしにくい身体の5つの条件は「体が冷えない」、「水分やミネラルのバランスが良い」、「胃腸が強い」、「上手に汗をかける」、「スタミナがある」とある。
では、どうすればこういった身体になれるのか。それには、以下のような方法が効果的だそうだ。

■クーラーを強くし続けない!(P18~P19など)
外から帰ったばかりは、暑くてついクーラーを強くしがち。しかし、そのまま冷やし続けると、“クーラー冷え”してしまう。落ち着いたら設定を見直そう。24度を下回る部屋に長時間いると、身体が冷えて胃腸の働きが弱くなり、パワーが不足して夏バテの原因になるのだとか。

■睡眠環境を整える。(P22~P25など)
ダメージの回復は睡眠中に行われるため、睡眠をしっかり取らないと疲れが溜まったままになる。エアコンや扇風機にタイマー設定してしまうと、途中で暑くなって目が覚めるなど、睡眠の質が低下してしまう。一定の温度・湿度を保つため、寝ている間も機器類が止まらないようにしよう。

■温度差対策、日よけ対策をしよう!(P44~P45、P53など)
夏は屋外と屋内、昼と夜と温度差が激しく、体力を奪われやすい。そんな中ずっと同じ服装でいると、自律神経がパニックを起こして身体機能の低下を招いてしまう。出かける時は、何か羽織れるものを持っていこう。
また、服の色にも拘りたい。身につけるものは光を反射する白っぽいもの、日傘は光を吸収する黒がオススメだそうだ。ちなみに、日傘があるのとないのでは、体感温度が10度以上も違うらしい。日中外に出かける時は、面倒くさがらずに日傘や帽子で直射日光を防ごう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング