【のんのんびより】監督&プロデューサーインタビュー【エクストラ 3なのん】

ダ・ヴィンチニュース / 2014年8月1日 11時30分

写真

『のんのんびより』の今後を監督に聞いてみたのん

 「にゃんぱすー」で一世を風靡したテレビアニメ『のんのんびより』。田舎に暮らす女の子達による、まったり作品である本作は、2013年末の放送終了後も、OAD付きの単行本の発売や、アニメ2期製作の決定など、これからの盛り上がりが期待される人気タイトルだ。

関連情報を含む記事はこちら

 そのアニメ版の監督である川面真也氏と、プロデューサーの吉沼忍氏のふたりに話を伺う今回のインタビューシリーズ。最終回となる今回は、アニメ1期後の展開、そして今後の展開について話を伺った。

【第1回】制作の秘密
【第2回】アイキャッチの工夫

■アニメ流行語大賞、にゃんぱす祭り……吹き荒れた『のんのん』旋風

――意外にも本編で登場は少ないものの、CMで連呼したおかげか「にゃんぱすー」がアニメ流行語大賞になりました。周囲の反応はどうでしたか?

吉沼:あのCMを作ったのは自分ですが、特に流行語を狙ったわけではないです。原作にもあった挨拶を単純に使っただけですね。そもそもCMって放送前に作らなきゃいけないので、アニメの反応もわからない状態ですしね……。ただ結果的に流行語大賞となり、『のんのんびより』という作品が広まったのはありがたいです。メジャーリーグ日本公式のTwitterがお正月から「にゃんぱすー」とつぶやいてくれたほどですし(笑)

川面:みんな気を使ってくれているのか、僕にあまり評判とか直接言ってくれないんですよ。でも流行った時に知り合いの監督さんが、電話口でいきなり「にゃんぱすー」と言ってくれたので、返せなかったということはありました(笑)

――その後も、バレンタインやホワイトデー、キャラクターの誕生日などに公式サイトで色々されていますね。

吉沼:公式サイトに関しては、何か記念日ごとに毎回描き下ろしのイラストが一番いいんでしょうが、ほかの作品でもやっているのでやりたくなくて。なので、場面写真を使うなど工夫しています。たとえばお兄ちゃんの誕生日だったら穴に落ちるお兄ちゃんとか。『のんのんびより』だったらそれくらい緩くてもいいのがありがたいですね。これからも、ユーザーがよろこんでくれる限り、やっていきたいです。

――4月にはにゃんぱす祭りというイベントもありました。振り返ってみていかがでしょう?

吉沼:振り返ると……ハコが小さかったな、と(笑)。どの作品でもそうですが、スケジュール的な問題で適切なイベント会場の押さえが難しいんですよね。ただ2期決定が発表できるかどうかというタイミングでしたけど、イベント前に無事に委員会内で決まって、声優さんにはオフレコで発表させていただいたりとか(笑)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング