【スター・ウォーズが辞書に!】“As you wish”も載っている! 「ダークサイド」かつ「エンパイア」な英和和英辞典

ダ・ヴィンチニュース / 2014年8月14日 5時50分

写真

『パーソナル英和和英辞典 ダース・ベイダー版』(学研教育出版)

 分厚い紙製の辞書や辞典というのは、デザインも中身も味気なくて、役には立つが決して面白いものではない。まあそもそも勉強に使うものだから、面白味よりも利便性が大事なもの。仕方ないことではあるのだが…。しかも最近では電子辞書やスマートフォンの辞書アプリに取って代わられている紙製の辞典、「そういやここ最近使ってないな」という人にぜひ手に取ってもらいたいのが、新作の撮影が始まった映画『スター・ウォーズ』の人気キャラクター、シスの暗黒卿ダース・ヴェイダーと、帝国軍の兵士であるストームトルーパー仕様の『パーソナル英和和英辞典』(学研教育出版)だ。

【画像あり】スター・ウォーズ辞書の画像を見る

 英和と和英で18万5500項目を収録した、横約9cm、縦約16.5cm、厚さ約3.4cm(外箱実測値)のコンパクトでハンディなサイズで、『ダース・ヴェイダー版』はベース色が黒でマスクの右半分の写真が、『ストームトルーパー版』は白で、こちらはヘルメットの左半分の写真がデザインされている。箱から中身を取り出してみると、どちらも光沢のあるビニール素材のカバー(外箱と同じく『ダース・ヴェイダー版』は黒、『ストームトルーパー版』は白)で、表紙には「STAR WARS」のロゴと、単純化された各マスクのイラスト、地には帝国軍の紋章があり、すべてがエンボス加工されている。そして表紙を開くと、帝国軍の誇る宇宙要塞デス・スターや、宇宙戦艦スター・デストロイヤー、ヴェイダー卿専用のタイ・ファイター、四足歩行をする兵器AT-ATの図解があり、その各所が英語で説明されているという、ファンならニヤニヤしてしまうような装丁になっている。

 さらに辞典の巻頭には「ヴェイダー卿の英会話」という14ページに渡る読み物があり、例文も映画の中のセリフから抜粋されていて、「That is correct.」(その通りだ)、「As you wish」(仰せのままに)、「Take her away!」(連れて行け!)、「Luke… it is your destiny.」(ルーク…それがおまえの運命だ)、「Leave that to me.」(それは私に任せろ)などがあり、文法的かつ映画の中でのセリフの役割を丁寧に解説している。ただ「ヴェイダー卿の英会話」というだけあって、ジェダイや反乱同盟軍の合言葉である「May the force be with you.」(フォースとともにあらんことを)や、「スター・ウォーズ」シリーズで必ず出てくるセリフ「I have a bad feeling about this.」(嫌な予感がする)は解説されていない。ヴェイダー卿もアナキン・スカイウォーカーのときにこのセリフを口にしているが、暗黒面に堕ちてしまったので、すっかり忘れてしまっているんでしょうかね…(笑)。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング