2.5次元ミュージカル協会設立! 海外進出で世界標準を狙う

ダ・ヴィンチニュース / 2014年8月14日 11時50分

写真

2.5次元ミュージカルの代表的な作品といえば、舞台版『テニスの王子様』だろう (C)許斐 剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト (C)許斐 剛/集英社・テニミュ製作委員会

 聖地巡礼を学問する学会、国ぐるみでヲタトラベラーを誘致など。政府のクールジャパン戦略に追随するように、近年、アニメを取り巻く業界では、今までにないほど活発である。先日、さらに新たな団体が加わった。「日本2.5次元ミュージカル協会」の発足である。

【画像あり】関連情報を含む記事はこちら

 2.5次元ミュージカルとは、アニメ・マンガ・ゲームなど、二次元の世界を舞台化した作品である。有名どころでは、『テニスの王子様』や『美少女戦士セーラームーン』などがあげられる。

 なぜ2.5次元ミュージカルという業界団体が発足したのか? その背景を同協会代表理事・松田誠さんへ聞いてみた。


■ 160万人を動員する巨大市場

「昨年、アニメ・マンガを原作としたミュージカルは、全部で約70タイトル発表されました。その観客動員数は、およそ160万人。演劇というマーケットでは、これは非常に大きな数字です。
近年、2.5次元ミュージカルは、急激に観客を増やしています。これを一過性のブームにしないためにも、国内でのさらなるニーズの掘り起こし、海外に向けての基盤造りが必要です。この2本の柱を実現させるために、2.5次元ミュージカル協会は発足しました。目標達成へ向けて、業界全体で市場の認知も含め協力しあっていく予定です」(松田さん以下同)

 さらなる2.5次元ミュージカルの普及のために、発足した協会。しかし2.5次元ミュージカルが人を惹きつける理由とはなにか? ミュージカルにあまり馴染みのない日本人だが、2.5次元においてはすんなりと作品世界に入り込めるという。

「2.5次元ミュージカルに大切なのは、作品に登場するキャラクターの再現性です。ですので、誰が演じるかというよりは、どう演じるかが重要になります。観客の目的は、キャラクターなのですから」

 キャラクターを始め、原作の世界観をそのまま舞台に再現すること。まずそれがファンを惹きつけるという。さらに、舞台は二次元との親和性がいいとも。

「舞台化するにあたり、二次元は向いています。舞台では、ディティールを省略しても、観客は脳内で内容を補完して見るからです。
例えば、2012年から続く、舞台『弱虫ペダル』では、自転車が1台も出てきません。自転車競技の作品にもかかわらずです。代わりに、役者はハンドルだけを握り、自転車を漕ぐ演技をします。しかし、観客には違和感がありません。まるで本当の自転車レースを見ているかのような、臨場感があります」

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング