劇場版制作が決定した『境界の彼方』×『なら燈花会』イベントレポート

ダ・ヴィンチニュース / 2014年8月18日 17時30分

写真

幻想的ななら燈花会に華を添えた『境界の彼方』とのコラボ企画

 2013年10月から12月までTOKYO MXほかで放送されたTVアニメ『境界の彼方』は、鳥居なごむの同名小説を原作とする青春アクションファンタジーだ。今年7月に2015年春公開に向けて劇場版の制作が進行していることが発表され、再び注目を集めている。

関連情報を含む記事はこちら

 物語の舞台となる「長月市」は奈良県をモデルにしており、学園生活をメインとした牧歌的な日常風景と異形の存在「妖夢」のいるファンタジックな世界が同居する街で物語が展開する。写実的な背景美術によって描かれる奈良の街並みは、物語の息吹を視聴者に伝えている。さらに、街の造形だけでなく文化風習の面でも街の姿が描かれるのが、本作の第5話「萌黄の灯」だ。この話数で描かれる夏祭り「長月灯籠祭」は、実在する地域行事「なら燈花会」をモデルにしている。「なら燈花会」とは、毎年8月上旬に奈良公園一帯で開催される、灯火によるキャンドルライトイベントで、世界遺産の地で行われる夏の風物詩として地域の人々に親しまれている。

 昨年のTVアニメの放送時は、すでに祭りが終了していたため今年こそは「なら燈花会」を訪れようと考えていたファンも多いだろう。そこへ、立ち上げられたのが「なら燈花会」と『境界の彼方』のタイアップイベント「燈花会の彼方」だ。今年の「なら燈花会」は、『境界の彼方』をきかっけに訪れる新たなファン層を取り込みながら例年にも増して賑わいを見せていた。

■歴史遺産とアニメコンテンツが融け合うように

 まず、この企画がどのようにして立ち上げられたのかについてふれておきたい。イベントのプロデュースを手がけた「なら燈花会の会イベント部会」担当で「奈良ものがたり観光実行委員会」代表の古田明宏さんに話をうかがった。古田さんは、昨年吉野山で行われた『咲-Saki-阿知賀編』のメモリアルイベントのプロデュースも行うなど、地域の文化発信とアニメコンテンツのタイアッププログラムを意欲的に展開している。今回もアニメの制作元である京都アニメーションへ自ら企画を持ちかけ、「なら燈花会」を始めとする地域の組織団体の理解と協力を確実に得ながらイベントを開催へと導いた。古田さんは、「イベントの趣旨を理解して協力して下さった地域の皆様や、素晴らしいアニメを作って下さった方々に喜んでもらえるようなイベントにしたい」と語る。夏に向けて開催の準備を進めていたところへ舞い込んできた劇場版制作決定の朗報。「燈花会の彼方」は作品を振り返るだけでなく、結果的に劇場版制作決定を祝う祭りにもなった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング