【前編】17歳の少年による“体験殺人”ルポルタージュから、佐世保同級生殺人を読み解く

ダ・ヴィンチニュース / 2014年8月20日 12時10分

写真

『人を殺してみたかった 愛知県豊川市主婦殺人事件』(藤井誠二:著、山田 茂:写真/双葉社)

「人を殺す経験をしてみたかった」

関連情報を含む記事はこちら

 これは14年前、愛知県豊川市で老女殺人事件を起こした17歳の加害少年が捜査員に発した言葉だ。心が冷えるような言葉である。

――2000年の5月、なんの前触れもなく、少年は学校帰りに見知らぬ老女を殺害した。帰宅した夫が血だらけで倒れている妻を発見。現場から立ち去ろうとした少年に出くわし、夫も首を刺された。軽症を負いながらなんとか警察に通報したが、妻は顔面や頭部をげんのう(かなづち)で殴打されたうえ、包丁で全身を40箇所以上も刺されて死亡した。非行歴もなく、知的能力の高い17歳の少年が突如起こした、残忍な犯行だった。

 しかし、検察側の精神鑑定はこの事件を、恨みや金銭という動機がない“純粋殺人”と結論づける。鑑定は再度行われ、その結果を受けた家庭裁判所はやはり、刑事罰ではなく、少年には“医療と教育が必要だ”と判断した。よって、加害少年は医療少年院に送致された。捜査機関からもれ伝わる、少年の一連の不可解な供述はそのままに――。

 この加害少年の膨大な“供述”をもとに周到な取材を行い、『人を殺してみたかった 愛知県豊川市主婦殺人事件』(双葉社)を上梓したのが、ノンフィクション作家の藤井誠二さんだ。

 藤井さんは、先月長崎県佐世保市で起きた高1女子による同級生殺人事件の一報を聞き、加害少女が供述したとされる言葉から、すぐに14年前の豊川の事件を思い出したという。そして「あの事件に、佐世保事件のヒントになるような事実が詰まっているのではないか…」とも。そこで藤井さんに、14年前の事件のことからお話をうかがった。


■自分でも動機がつかめない、特異なパーソナリティをもつ加害少年

「加害少年の“人を殺す経験をしてみたかった”という言葉は、捜査官とのやりとりの中から出たものです。僕は、彼が殺人を犯した理由は、社会へのいらだちや自己承認欲求が満たされない憤りから“幸せそうに見える人を殺したいと思った”というような、感情にもとづく動機とは、明らかに異なるものを感じました。

少年は非常に特異なパーソナリティをもっていました。ふだんから部活動にまじめに取り組み、校内での成績も優秀で、理科系の国立大学に進学を希望するほどでしたが、供述調書からは、人を殺すことに対してのハードルがあまりに低かったことが読み取れました。彼は1歳半のときに両親が離婚して父親に引き取られ、教員一家で地元の名士である祖父母の家で育ちましたが、しかしそういった生育環境や、彼自身の気質的なもの、読んでいたコミックの影響などのさまざまな要因は、殺人動機に短絡的にひもづけられるものではない。そんなふうに思えてきたのです。
 
 今回の佐世保の事件の加害少女の場合も、両親や母方の祖父はある種エリート層であり、彼女自身も県立の進学校に通う優等生。“人を殺して解剖してみたかった”“遺体をバラバラにしてみたかった”など、供述の断片も14年前の少年ととてもよく似ていました。さらに犯行の様相も似ており、年齢も近く、そのような事柄から、ふたりのパーソナリティも類似しているのではないかと感じたのです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング