『ノーラジオ・ノーライフ』公録で空役の松岡さんが大照れ! そのワケは……

ダ・ヴィンチニュース / 2014年8月20日 14時40分

写真

大人気ラジオ『ノーラジオ・ノーライフ』にゲスト出演する井口裕香さん

 7月20日(日)、秋葉原UDXのAKIBA_SQUAREで開催された「MF文庫J夏の学園祭2014」。MF文庫J作品の祭典とも言えるこのイベントでは、豪華ゲストを集めたステージも注目を集めた。今回はその中から「『ノーラジオ・ノーライフ』公開録音ステージ」の模様をお伝えしよう。

【写真あり】イベントの様子はこちら

 「響-HiBiKi Radio Station-」で配信されていた、すべてがゲームで決まる頭脳バトルラジオ番組『ノーラジオ・ノーライフ』。その公開録音ということで、まずはパーソナリティの松岡禎丞さん(空 役)と茅野愛衣さん(白 役)がステージに登場する。しかしすんなりと公開録音に入らないのが『ノーラジオ・ノーライフ』らしいところ。罰ゲームを賭けてふたりがジャンケンを始め、「絶対にチョキしか出さない」と宣言する松岡さん。だが、そんな揺さぶりには引っかからず、素直にグーを出して茅野さんが大勝利。結局、松岡さんが「本気で負けたくないほど嫌」という罰ゲームを受けることになった。

 罰ゲームは、イベント中、この日のゲストである井口裕香さん(クラミー・ツェル役)を3回以上、下の名前で呼ぶという内容だ。いよいよ公開録音が始まり、登場した井口さんが早速「楽しみだね、禎丞!」と先制すると、それに対してすかさず「そ、そうだね……裕香!」と返す松岡さん。しかし動揺が見て取れるほど照れまくりで、テーブルの水をこぼしてしまう始末。そこで気を利かせて茅野さんがティッシュを取りに行き、ふたりだけで番組を進行させるなど、番組冒頭から爆笑の展開となった。

 アニメ放送終了直後ということで、話題は放送を終えての感想へ。「絵が綺麗だったし、あと続きが気になる終わりだった」とは井口さんのコメント。さらに「現場で印象的だったこと」に話が移ると、井口さんは「空白のセリフが、回を合わせるごとにピッタリ合っていったこと」を引き合いに、「私も松岡君と距離を縮めたい(笑)」と、またもやひとイジり。

 またゲームコーナーでは、黒ひげならぬ茅野さん直筆のステフ危機一発や、アニメ内のチェス対決をモチーフにした会場のノゲラーのテンションを上げる競争などが行なわれた。前者ではまさかの展開となり、後者では松岡さんが……!? どのような結末を迎えたか、詳しくは今回のイベントの模様が収録される本番組のラジオCD Vol.2(9月24日発売予定)で確認してほしい。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング