三次元のツインテールも捨てがたい! ツインテールの魅力を発信し続ける「日本ツインテール協会」とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年8月24日 5時50分

写真

グラビアなどで多岐にわたる活躍をみせる佐野ひなこさん

 アニメやコミックの世界で根強い人気のある「ツインテール」。ショートカットやポニーテール、前髪ぱっつんと様々な髪型がある中で、ツインテールがダントツで人気があるのはなぜなのか?

【写真あり】ツインテール美女はこちら

 確かに子供っぽさ、幼さといったロリキャラだけでなく、妹キャラとして「キャラクター付け」するには、非常に分かりやすいアイコンであることも事実である。近年はロリに加え、ツンデレキャラにも採用されることが多く、ツインテール=ロリ系ツンデレのイメージも強い。

 その歴史は古く、1980年代のマンガをきっかけに広く世に知れ渡ったという一説もあるが、今夏、放映されているアニメを考えるだけでも、『さばげぶっ!』の春日野うららや、『六畳間の侵略者!?』の虹野ゆりか、『アカメが斬る!』のマインなど、多くの作品で「ツインテキャラ」を見かける。

 この、みんな大好き「ツインテール」を、世に広く発信している協会があるのをご存知だろうか。名称はそのもの「日本ツインテール協会」である。2012年2月2日、独自に制定した「ツインテールの日」に発足した同協会は、ツインテールの伝統を守り続けると共に、写真集『ツインテールと機関銃』などを通して、ツインテールの魅力を日本国内、ひいては世界へ向けて発信し続けている。

 そこで今回、日本ツインテール協会への取材を実施。活動にいたるまでの経緯や、今後の展望などを、代表の古谷完さんに伺った。


■日本の伝統「ツインテール」を守るために発足された「日本ツインテール協会」

◎ツインテールは魅力を世界に発信したい……。協会発足にいたった経緯

 単純にツインテールが大好きだったからです。いうなれば「ツインテールの魅力に取りつかれたから」ですね。ファッション誌のスナップや、原宿近辺でツインテールの少女たちを見かけるのは、いまや当たり前となっています。しかし、協会発足以前は「子どもの髪型」「学生の髪型」などのややネガティブなイメージを少なからず感じていました。

 「ツインテールはすごくかわいい髪型なのに、もったいない……」と、心のどこかでそう感じつつ、このままでは「ツインテールの少女たちが絶滅してしまうのではないか」という危機感も抱いたんです。だから、ツインテールの魅力を日本のみならず世界にも発信するために、協会を発足しました。

 協会としての主な活動は、ツインテールの少女たちの撮影ですね。日々、撮影を重ねながら、公式ホームページやTwitterで情報発信しています。発足当初を振り返ればありがたいことにだいぶ認知して頂けるようになり、モデル募集にも日本全国から15,000件以上の応募があります。

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング