「吉岡麻耶」新人声優のインタビュー&ミニグラビア【新人声優図鑑】

ダ・ヴィンチニュース / 2014年8月25日 19時0分

写真

『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』で三ケ月ゆい(魚心くんの中の人)を演じる「吉岡麻耶」さん

 これからの活躍が期待される新人声優に、声優を目指したきっかけや、初めてのお仕事、そしてプライベートなことまで、気になるあれこれについてインタビューを行い、さらに撮り下ろしのミニグラビアも交えて紹介する人気企画「新人声優図鑑」。第21回となる今回は、『ガールズ&パンツァー』の近藤妙子・アンチョビ役、『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』の三ケ月ゆい役などを演じる吉岡麻耶さんです。

【写真、動画あり】撮り下ろしのオリジナルグラビア(7枚)を見る

――現在は『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』で三ケ月ゆい(みこぜ・ゆい)役を演じていますね。

吉岡:はい! ゆい先輩と呼ばれていて、流川市のゆるキャラ「魚心(うおごころ)くん」の中の人を担当している女の子です。今まで演じたなかでは一番セリフが多いキャラクターで、大切に演じています。アフレコもすごく勉強になっています。

――ゆい先輩たちが歌ったキャラソン集が8月27日に発売されますね。

吉岡:この作品では本当に初めてのことをいっぱい経験させていただきました。キャラクターソングも初めてですし、ダンスも初めてで。(今年3月開催の)アニメジャパンでは、本当に魚心くんの着ぐるみの中に入ってブースを回ったんですよ。しかも、その着ぐるみのクオリティがすごく高いんです。『さんまのまんま』という番組の“まんまちゃん”という着ぐるみを作った方が手がけたものらしいんです。サプライズで着ぐるみの中に入っていて「じつは中に入っていたのは吉岡さんでした!」と紹介していただいて。中はすごく暑いので、入っているのは10分が限界なんですけど(笑)。

――吉岡さんと言えば、『ガールズ&パンツァー』(以下、ガルパン)の近藤妙子役も印象的でした!

吉岡:ありがとうございます! ガルパンは、たくさんの女子高校生が戦車に乗って、授業の一環で戦車道を競っていくアニメなんですけど、近藤妙子はバレー部のユニフォームを着て、バレー部の部員を増やすために戦車に乗る女の子です。

――この作品に出演するまで、戦車にどんなイメージを持っていましたか?

吉岡:じつは、あまり馴染みがなくて。戦車って何だろうっていうところから始まりました。『ガールズ&パンツァー』のパンツァーってドイツ語で戦車という意味なんですね。英語では「タンク」だし、最初はタイトルの意味もわかりませんでした。戦車って怖いイメージがあったんですけど、実際のストーリーでは誰もケガをせずに、安心安全に戦っているんです。今では、戦車のことがすごくかわいく思えるようになりました。

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング