AKB48「田名部生来」インタビュー「14歳になったらエヴァに乗ると思っていました」

ダ・ヴィンチニュース / 2014年8月26日 17時40分

写真

AKB48きってのアニメ好き「田名部生来」ちゃんに独占インタビュー

 アニメのなかで頻出する髪型のひとつで、ロングヘアの一部をリボンで巻き巻きにしているものはご存じだろうか?
 今期放送中のアニメでは、『魔法科高校の劣等生』の司波深雪がお兄様にエプロン姿を披露した時や、『精霊使いの剣舞』のエストが裸ニーソ姿の時にしていた時のあの髪型である。 この髪型、ネットで検索しても正式な名前が出てこない。一部では「オカピ巻き」とも言われているようだが、それも広く認知された訳ではないようだ。

AKB48「田名部生来」写真はこちら

 そこで、当編集部がこの髪型を勝手に命名してしまおう! ということで、国民的アイドルAKB48にして、グループ屈指のヲタ。タナブ、たなみんこと、田名部生来ちゃんをお招きした。


■実はなかなか大変な髪型だった…。

「リボンというと『涼宮ハルヒの憂鬱』を思い出しますね。今はショートヘアなので、ちょっとボリュームが足りないかな? でも、昔の私は、ハルヒよりロングだったので、似合ったと思いますよ」(たなみんちゃん、以下同)

たくさん用意したコスプレの中から、本日は本人セレクトでチアリーダーのコスをしてもらった。

――実際に、髪に巻いた感想は?

「この髪型、意外と大変ですね。リボンを巻こうとすると、スルスル落ちてくるし、リボンの長さを調整するのが大変です」

ヘアメイクさんに髪をアレンジしてもらっている間、髪型の話から徐々にヲタ話へと。

今やすっかり、元気印のショートカットが似合う、たなみん。今の髪型もアニメの影響があるのだとか。

「この髪型は、『進撃の巨人』リヴァイ兵長リスペクトです。サイドが刈り上げなんですよ! デビュー3年目から、ショートヘアですが、昔はすっごいロングだったんです」

「どれくらいロングだったかというと……。長いときは、床に付くくらい! イメージは『ハリーポッター』のハーマイオニーでしょうか。いつも長~い三つ編み姿でしたよ」

床に付くぐらいのロングヘア? それは尋常じゃない長さだ。なぜそんなに長く伸ばしていたのか。指示していたのは、どうやらお母様。

「母が、ロングヘア好きだったんです。しかも“魔法少女”の。だから、ヒロインのような髪型に結んでくれました。もちろん髪型だけではなく、コスプレもしていました。『美少女戦士セーラームーン』はもちろん、『機動戦艦ナデシコ』『サクラ大戦』『おジャ魔女どれみ』などですね。手作りの衣装だったんです」

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング