女の子にエッチなことをしてロボを動かせ! 『健全ロボ ダイミダラー』

ダ・ヴィンチニュース / 2014年8月28日 11時30分

写真

『健全ロボ ダイミダラーOGS』(なかま亜咲/KADOKAWA エンターブレイン)

 アニメ化もされた『健全ロボ ダイミダラー』。その設定などで、視聴者の度肝をぬき、話題を集めた作品である。マンガが原作なのは周知のとおりだが、じつは新シリーズが作られていたりもする。それが『健全ロボ ダイミダラーOGS』である。

関連情報を含む記事はこちら

 ここまでの時点で、まるでピンときていない流行に乗り遅れた人々のために、本書からあらすじを抜粋しよう。「人類だけが生成できる未知のエネルギー“Hi-ERo粒子”を狙って、どこからともなく侵攻してきた、ペンギン帝王率いるペンギン帝国。一方、この侵略を阻止しようと結成されたのが、巨大ロボット“ダイダミラー”シリーズを保有する秘密組織“美容室プリンス”だ(以下略)」。もうお分かりだろうが、王道的な“ロボットモノ”の皮はかぶっているものの、説明するまでもなく、本書はバカバカしさに満ちあふれたおバカマンガである。ペンギン帝王は「新ペンギン計画」という謎の恐るべき計画を進める96歳の高齢者で、ペンギン・コマンド、略してペンコマと呼ばれる、人間がスマートな着ぐるみで変装したような兵士を従え、人類に敵対している。ペンコマメンバーは全員24歳で、「前シッポ」と呼ばれる独特な形の尻尾を生やしているのが特徴。その見た目は完全に、布のようなものをかぶせたうえで屹立させた股間ではあるのだが、本書が「前シッポ」と言い張る以上、余計な詮索は止めておこう。

 対する人類の希望たる存在「美容室プリンス」。名前の時点でツッコみたい衝動がわきあがるが、作者に踊らされているような気がしてしゃくなのでスルーさせてもらう。さて、その秘密組織で巨大ロボット「ダイダミラー」を操る主人公のひとりが17歳(初登場時は16歳)の熱血パイロット、真玉橋孝一だ。強力なHi-ERo粒子を発生させることができる人間のひとりでもあり、そのエネルギーはダイダミラーの動力源となる。さて、そんな万能エネルギーであるHi-ERo粒子を、孝一がどのように発生させるかというと……ともに搭乗するスタイル抜群の美女、楚南恭子のおっぱいをもむのだ。いや、少し言葉が足りない。おっぱいをもみしだくのである! そう、孝一がHi-ERo粒子を発生させるには女性にエロいことをし、興奮を高める必要があるのだ。しかも、もみしだいた後、恭子に対して「相変わらずいいおっぱい いいよがり声だったぜ」とのたまう始末である。どうだろう、呆れてものも言えないのではないか。この作品がアニメ化され、公共の電波に乗り、日本各地で放送されているとは、日本のななめ上の発展は相変わらず留まるところを知らないようだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング