アラフォー女が離婚してまでバックパッカーに! その先に見えた景色とは

ダ・ヴィンチニュース / 2014年8月30日 5時50分

写真

『それでも地球をまわってる(アラフォー女 結婚を“卒業”して世界一周へ)』(音羽徒歩/イカロス出版)

 「失恋したので、旅に出ます」といって、学生時代、姿をくらませた後輩がいた。数カ月後帰ってきた彼女は、インド人男性との数日間のはかない恋をお土産話として聞かせてくれたが、旅は失恋を癒すのにそんなにも有効なのだろうか。とはいえ、学生でもない限り、なかなか長期の休みも取りにくく、旅行など諦めてしまいがちなのも事実だ。だが、大切なのは、「◯月◯日に行く」と決めてしまうことなのかもしれない。一度きりの人生楽しんだものがちだ。数カ月回り道したことで損することはないのだろう。

関連情報を含む記事はこちら

 『それでも地球をまわってる(アラフォー女 結婚を“卒業”して世界一周へ)』(イカロス出版)は、音羽徒歩氏が結婚を“卒業”してまで、世界一周をした様子を描いた人気ブログが単行本化された本である。アラフォーの彼女が遅咲きバックバッカーとして世界を闊歩する様子は興味深い。離婚後バックパッカーとなった彼女が世界でみたもの、体験したものは彼女の心をどれだけ癒し、成長させたことだろうか。

 旅先では女性は、女だからこそわずらわしい思いをすることも少なくはない。アジア人女性は年齢より若く見えてしまうのか、多くの人に会って数秒で「アイラブユー」攻撃に遭うことも多くあったようだ。たとえば、エジプトの紅海のクルーズ船に乗り、シュノーケリングを楽しもうとするも船酔いでダウンした時のこと。ひとりのクルーが優しく介抱してくれた。次第に体調は良くなってきたが、それでも震えが止まらなかった彼女に、そのクルーが膝を貸してくれたという。普段ならば絶対に断るところだが、おとなしく頭をもたげ、船酔いに効くというレモンを吸いながら、髪をなでてもらっているうちに体調も回復。ずいぶん楽になったところで「アイラブユー」と言いよられる羽目になったという。おまけにその日、トルコ人のインストラクターには、ウェットスーツの背中のジッパーを下げるように頼まれ、下げてやり、2、3言話しただけで「結婚しないか」と言われたという。外国の人のその勢いには驚かされるが、音羽はどれも笑って切り抜けていたようだ。

 タイでは「“王宮は休み”などとほかの場所につれていき、宝石やおみやげもの等を購入させる詐欺」に遭いかけるし、カンボジアでは三輪タクシー(トゥクトゥク)運転手の激しい勧誘に悩まされるし、どの国でも頼んでもないのに勝手にガイドされて、ガイド料を請求されることもしばしばある。そのたびに彼女は、日本にいるときに「培った」価値観なんて、たちまちちっぽけだと思い知ったという。それにしがみついて、どこか依存して自我を保とうとしていた自分がバカみたいだ。ただ目の前に起こることに身をゆだねていれば良い。それを知るだけでも、こうして外に出てみた価値はあると感じたと語る。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング