BL作家が続々と一般向け作品を発表!? そこで描かれる「男の魅力」とは…

ダ・ヴィンチニュース / 2014年8月31日 5時50分

写真

『私がモテてどうすんだ』(ぢゅん子/講談社)

 「王子様のとなりにはお姫様、なんて誰が決めたのかしら?」「王子様のとなりには王子様。それでいいじゃない、それがいいじゃない!」。のっけから濃ゆいセリフでスミマセン。全国の腐女子のみなさんが喜びそうなこの言葉、実はBL作家のぢゅん子さんが連載している漫画『私がモテてどうすんだ』(講談社)の冒頭に登場するもの。一部の方面から、「そうそうそうなのよ!」と厚い支持を集めそうなセリフがバンバン登場するこの漫画、実はBLではなく、あくまでも男子と女子の恋愛をコメディチックに描いた、一般向け漫画なのである。

関連情報を含む記事はこちら

 そう、一昔前までは、BLというとコッソリ読まれるものだった。男性同士の恋愛が描かれた作品が好き! なんて大声で言おうものなら、「あの人ってちょっと…」と、きつめのオタク認定されたものだ。さらに、その作品を書いている作家となれば、なおのこと。専門誌で作品を発表はするものの、決してその枠組みを超えるような人はいなかった。

 ところが、最近ではそれを打ち破り、BL作家でありながらも一般向け漫画を描く作家が続々と登場しているのだ。描かれるのは、ラブコメにサスペンスホラー、はたまた“落語”を題材にした人情ものまで幅広い。そして、そこにはあるひとつの共通点がある。それは、登場する男性が非常に魅力的である、ということ。男性を色っぽく描くことに長けているBL作家たちの才覚は、一般向け作品でもいかんなく発揮されているのだ。

 冒頭で紹介した『私がモテてどうすんだ』も、そのひとつ。これは腐女子である花依(かえ)と、それを取り巻く4人のイケメン、五十嵐・七島・四ノ宮・六見とのドタバタを描いたラブコメ漫画だ。

 花依はイケメン同士の絡みを妄想して楽しむのが生きがいの女の子。太っている容姿ゆえに、男子生徒から見向きもされないのだが、その分彼らをコッソリ観察できると喜んでいる、ある意味ポジティブな思考の持ち主だ。ところが、あるとき、お気に入りのアニメのキャラクターが死んでしまい、そのショックから激ヤセしてしまう。すっきりヤセた花依は、同一人物とは思えないほどの絶世の美少女に変貌。その姿に一目ぼれした前述のイケメンカルテットから求愛されてしまい、まさに「私がモテてどうすんだ」という展開に…。

 作品に登場するイケメン4人は、まさに「イケメンの見本市」だ。正統派の王子様系、ちょい悪のヤンキー系、ツンデレ後輩にぼんやりとした天然の先輩。「二人きりになれないなら、ちょっとだけ独占させて?」という正統派王子様の歯の浮くようなセリフや、ヤンキーがふと見せるやさしい仕草…。そこには、世の女子の願望を具現化したイケメンたちが待っている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング