『甘城ブリリアントパーク』『俺、ツインテールになります。』『魔弾の王と戦姫』 10月放送のラノベ原作アニメ!(前編)

ダ・ヴィンチニュース / 2014年9月4日 18時20分

写真

10月からの放送が待ち遠しい『甘城ブリリアントパーク』。京都アニメーション制作で注目の期待作

 こんにちは。猛暑に苦しめられた8月もようやく終わり、9月に入ってからは日差しも穏やかで涼しく過ごしやすい秋の気配になってきましたね。 そんな季節の変わり目を感じるようになると、アニメファンが気にすることといえば、当然、秋アニメの新番組情報ですよね。 今回も、いつものように10月放送予定の「ラノベ原作」アニメからイチオシの注目作を前編・後編と2回にわたってご紹介していきます!

【画像あり】関連情報を含む記事はこちら


■ 俺様経営術が夢の国を救う
 まず、最初に紹介するのは、『甘城ブリリアントパーク』です。ライトノベルの金字塔として名高い『フルメタル・パニック』(富士見ファンタジア文庫)を生み出した作家・賀東招二氏が満を持して世に放った新作として、倒産寸前のオンボロテーマパークの経営再建に挑む男子高校生支配人が繰り広げるドタバタワーキングラブコメディです。

 『甘城ブリリアントパーク』は、設備も古く、サービスも微妙、これといった特色も無い地味なローカル遊園地ですが、そこで働く着ぐるみの従業員たちは魔法の国からやってきた本物の妖精たち。倒産の危機に陥ったパークを救う支配人として選ばれた主人公・可児江西也は、博識多才なれども唯我独尊な俺様キャラで、ブラック企業も真っ青な重労働を強いてダメ遊園地のゆとり体質を叩き直していく独裁的な経営手腕が痛快な作品です。

 純真無垢なお姫様のラティファ、無表情美少女の千斗いすずといったヒロインや一癖も二癖もあるスタッフたちと衝突しながら奔走する姿が笑いを誘います。主要キャラの中でもお菓子の妖精モッフルは旧作『フルメタル・パニック』のマスコットキャラ・ボン太くんを模しており、賀東招二氏ならではの遊び心が随所に溢れた作品になっています。

<放送情報>
10月2日(木)からTBSにて放送予定。
他にもMBS、CBC、RKB、TBCで放送が予定されている。

・公式サイト:
http://www.tbs.co.jp/anime/amaburi/
・公式twitter:
https://twitter.com/amaburiANIME


■ ツインテールが世界を守る
 「ツインテール」といえばアニメや漫画などの二次元のヒロインのお馴染みのヘアスタイルであり、先日当媒体でもツインテールの普及を目指す『日本ツインテール協会』の活動を紹介しました。そんなツインテールに宿る神秘の力で異世界からの侵略に立ち向かうニューヒーローを描いた作品が、この『俺、ツインテールになります。』(水沢夢・小学館ガガガ文庫)です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング