「久保ユリカ」新人声優のインタビュー&ミニグラビア【新人声優図鑑】

ダ・ヴィンチニュース / 2014年9月9日 16時30分

写真

ラブライブ!の小泉花陽役でお馴染みの久保ユリカさん。声優だけでなくモデルとしても活動している

 これからの活躍が期待される新人声優に、声優を目指したきっかけや、初めてのお仕事、そしてプライベートなことまで、気になるあれこれについてインタビューを行い、さらに撮り下ろしのミニグラビアも交えて紹介する人気企画「新人声優図鑑」。

【写真、動画あり】撮り下ろしのオリジナルグラビア(9枚)を見る

 第25回となる今回は、『ラブライブ!』の小泉花陽役などを演じる久保ユリカさんです。

――久保さんの代表作と言えば『ラブライブ!』。今年の初夏に2期を終えましたが、小泉花陽ちゃんはグングン成長していましたね。

久保:1期では一歩踏み出すところを、2期では自分の魅力を外に出していく花陽の姿を描いていただきました。彼女としてはずいぶん緊張が解けてきているはずです(笑)。自分の好きなこと…アイドルのことだったり、お米を食べることだったり(笑)、それをはっきりと主張できるようになって、すごく分かりやすく成長した子だなって。花陽は吸収する力がすごいんだなあと感じる度に、私も見習わなきゃいけないなあって思います。たぶん、観てくれているファンの方も花陽を見て、「人って変われるんだな」っていうことを感じてくれていると思います。

――久保さん自身も、成長したという意識はありますか?

久保:メンバーに会う度に成長は感じていますね。アニメで学校のために頑張っているμ’sのメンバーと一緒で、私たちも“力を合わせる”ことに対する想いがどんどん大きくなっているのは、ファンの皆さんのおかげだと感謝しています。

――役との最初の出会いから4年経ち、5年目に突入するそうですね。この4年間を振り返って、どう感じますか?

久保:そんなに長い時間が経った意識はなくて、時間がめまぐるしく過ぎた印象です(笑)。横浜BLITZでのファーストライブは本当にいろいろなことが手探りでした。アニメが始まる前だったから、ファンの方々も私たちのこと「なに?」って思っているんじゃないかって不安を抱えながら…。
今年2月には、さいたまスーパーアリーナで歌わせて頂いたのですが、本当に実感がないですね(笑)。ステージに立たせていただいているときも、ずっとです。すこし前までBLITZにいた! っていう感覚なので(笑)。自分たちが大きな会場にたどり着いた、というよりは、作品やお客さん達に引っ張られて「こんなにたくさんの方に観ていただける場所に立たせてもらえているんだ!」っていう気持ちのほうが大きいんです。

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング