美しすぎるロシア人コスプレイヤーたちの意外すぎる職業とは? 屋形船に密着取材【前編】

ダ・ヴィンチニュース / 2014年9月11日 17時0分

写真

ネットで話題になった美しすぎるロシア人コスプレイヤーたちが来日した

 コミケで世間が盛り上がる8月中旬。東京に女神たちが降臨していたことをご存じだろうか?

【写真でみる】来日レイヤーをご紹介!

 「美しすぎるコスプレイヤー」として、まとめサイトなどでも評判のロシア人コスプレイヤーさんたちである! 来日した総勢8人が、撮影会の合間を縫って、屋形船遊覧を楽しむとの情報をキャッチ。当編集部も同行させてもらった。

 彼女たちの来日を手引きしたのは、日本コスプレ写真協会。そして屋形船クルーズを企画してくれたのが、「SUGOI JAPAN実行委員会」 (http://sugoi-japan.jp/)のみなさん。

 日本から始まった、コスプレ文化。なぜ彼女たちは遠くロシアでも“たしなんでいる”のか。ロシアのコスプレ事情を直撃インタビュー!


■ モスクワでは月1でイベント開催

初めての屋形船にはしゃぐロシア美女たち。浴衣姿も艶やかだ! 夕日が沈む絶景のなか、赤裸々コスプレトークをうかがった。

距離にして日本とモスクワは、約8,000キロ。地理的にも文化的にも大きく離れている。いったいどうしてコスプレを始めたのだろうか。

「父がアニメ好きで、小さい頃から日本のアニメに親しんできました。コスプレを始めたきっかけは、友だちがしていたからですね」と、アリーナちゃん。『キャンディ・キャンディ』や『美少女戦士セーラームーン』を見て育ってきたとか。

友達と一緒になって始めるというのは、日本と一緒だ。ところでロシアではコスプレをしている人はたくさんいるのだろうか?

「モスクワでは、大きいものから小さなものまで、コスプレイベントはかなり開催されています。だいたい月に1回程度ですね。多いと1,000人くらいが参加しますよ」とは、ナスチャちゃん。日本語がお上手だ。

思ったより、活発にコスプレが楽しまれているらしい。大規模イベントでは、屋台などが出店してお祭りのような楽しさなのだとか。なかなかおもしろそうだ。


■職場バレもあり!?

日本では、コスプレが一般的になってきたとはいえ、まだまだ色眼鏡で見られることも多い。ロシアではどうだろうか。

「お母さんは喜んで私のコスプレ写真を撮ってくれるわ」と、スタイル抜群のジャネットちゃん。しかし一方で、こんな声も。

「初めて友達にコスプレ姿を見せたら驚かれた」と、お目々がクリクリのティスちゃん」

さらにナスチャちゃんにいたっては、こんな反応も。

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング