「6年半のOL生活が、今も自分を支えている」辻村深月インタビュー

ダ・ヴィンチニュース / 2014年9月15日 5時50分

写真

『ハケンアニメ!』(辻村深月:著、 CLAMP:イラスト/マガジンハウス)

 2004年にメフィスト賞を受賞しデビューして以来、一作一作、深く広く作品を紡ぎ続け、直木賞を受賞するなど人気を博している辻村深月。デビュー10周年の本年は、新刊を3冊刊行。そして10月には『太陽の坐る場所』の映画も公開! そんな辻村深月を、『ダ・ヴィンチ』10月号では徹底特集。ロングインタビューを掲載している。ここではその一部を抜粋して紹介しよう。

関連情報を含む記事はこちら

 時計の針を動かしてくれたのは、ミス研の外で出会った友人だった。大学4年のとき、たまたま部屋に遊びに来た友人が、高校時代に書いた小説の束を見つけ「読ませて」と言ってきたのだ。それが、3分の2までで止まっていた『冷たい校舎の時は止まる』。

「すっごく面白かったと言ってくれたんです。“続きが読みたいんだけど、続きはないの?”と聞かれて、“頭の中にしかないんだよね”と言ったら、“それ絶対書いたほうがいいよ!”と。その言葉がきっかけでした。手書きだった原稿を推敲しながらパソコンで打ち直していって、最後までつじつまが合う形に2カ月ぐらいかけて完成させて。高校のときに読んでくれていた友達にも、できあがったものを郵送したんですよ。そうしたら、“脱稿おめでとう”という連絡がきました(笑)。“ようやく完結したね”と言われて、あっ、みんなも待っててくれたんだなって」

 ここでもやはり、読者からの期待と祝福が、辻村さんの背中を押したのだ。その喜びを糧にして、教師になる夢を追うのはあきらめ、小説家を目指そうと覚悟を決めた。

「そのために一番現実的な手段だと思ったのは、実家に戻って日中は働きながら、夜と土日を使って小説を書くことでした。やっと山梨から出られたのに、逆戻りしてしまうことに抵抗もあったんです。でも……。私にとって、教室と故郷は似ているんですよね。“大嫌いだけど大好き”という、気持ちが入り混じっているところが。不思議なんですけど、“いずれ戻らなきゃいけない”って、心のどこかでずっと思っていた気がする」

 就職先は、事務職だった。働きながら習作を何編か書き上げたところで、大学4年のときに完成させた原稿を、憧れの講談社ノベルスの編集部が主催する「メフィスト賞」に送ろうと決意する。半年かけて手直しした後に応募したところ、見事一発受賞。2004年6月刊の『冷たい校舎の時は止まる』(上)で、夢だった作家デビューを果たす。それがOL生活を始め2年が経った頃。その後は、兼業作家の道を選んだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング