一番おもしろいBLを選ぶ、「このBLがやばい!」大賞2015年度版投票受け付け中! 昨年の受賞作は…?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年9月25日 12時0分

写真

『東京心中』(トウテムポール/茜新社)

 突然ですが、アナタはマンガを購入するとき、どんな基準で選んでいますか? 口コミやレビュー記事を参考にしたり、書店でジャケ買いをしたり、「○○万部突破」という記録に惹かれたり…。その基準は人によってさまざまだろう。ちなみに、ぼくはジャケ買い派。「これは、きっとおもしろいかも…!」という謎の直感で購入するケースがほとんど(その分、当たりハズレの振れ幅も大きいのだけれど…)。

関連情報を含む記事はこちら

 でも、どうせならハズレじゃない作品を選びたいもの。そんな人たちに支持されているのが、毎年年末に発表される、宝島社が主催する「このマンガがすごい!」大賞だろう。ランクインした作品はヒット間違いなしともいわれ、実際、過去には『進撃の巨人』(諫山 創/講談社)や『君に届け』(椎名軽穂/集英社)など、大ブームとなった作品がズラリと並ぶ。何を読むか迷った際には、とりあえず同賞に選ばれた作品を選べば、まあ間違いはないだろう。

 …おっと、今回は「このマンガ」の話じゃなくて。実は、世間には「BL」に特化したマンガ大賞があるのをご存じだろうか。それが宙出版による「このBLがやばい!」大賞だ(音の響きから、なんとなく「このマンガ」を意識している感は否めないけれど、そこは目をつぶっておこう)。

 同賞はその名の通り、その年、一番おもしろいと思われる「BL作品」を選ぶ賞だ。作品はマンガと小説の2部門にわけられ、いずれも実に濃ゆい作品が並んでいる。自らを腐女子(腐男子も含む)と称するのであれば、どれも必読のものばかり。もちろん、これから腐っていこうかなと思っている人たちへの道標ともなりうる。9月30日(火)までは、WEBから2015年度版の投票も可能なので、すでに腐りきっていてイチオシのBLのがあるならば、投票してみるのもおもしろいだろう。

 ちなみに、2014年度、マンガ版で第1位に輝いたのは、『東京心中』(トウテムポール/茜新社)。小説版は『nez[ネ] Sweet Smell』(榎田尤利:著、湖水きよ:イラスト/大洋図書)だ。そこで、ものは試しに、マンガ版の王者『東京心中』を読んでみたのだけれど…、これがとってもおもしろい!

 物語の舞台となるのは、TV業界。そこで、新米ADの宮坂絢と、先輩ディレクター・矢野聖司の恋模様が描かれる…。とここまで聞くと、「やっぱりただのBLじゃん!」と思われるかもしれないが、この作品の魅力はそこに留まらない。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング