海外からの留学生を通じて知る、日本へのアニメ留学事情。彼らの思い、きっかけとは?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年9月27日 5時50分

写真

まったくの見知らぬ土地へ一念発起して「アニメ留学」を決意したエリーさん

 世界へ向けて相次いで、日本のコンテンツが発信されている。経済産業省による「クールジャパン」戦略も目立つが、クリエイター個人としてネットを使い情報を発信し続けながら、アニメやマンガ、アイドルなどのいわゆるサブカルを中心に海外へ飛び立つ事例も多く、今後ますます勢いを加速させていきそうだ。

【画像あり】関連情報を含む記事はこちら

 そして、特にアニメにおいては「アニメ先進国」とも呼ばれる日本だが、現在、アニメの監督やアニメーター、声優などに憧れて日本へ留学してくる海外からの学生も少なくない。従来から「ものづくり大国」と呼ばれてきた日本だが、自動車や家電などの製造業だけではなく、アニメというコンテンツの担い手となるべく留学してきた人たちは、なぜ日本へやってきたのか。高田馬場に校舎を持つ東京アニメーションカレッジ専門学校の留学生にお話を伺った。

 1人目は、中国からアニメーターとなるべく留学してきたというリュウさん(28才)である。上海音楽大学を卒業後に、中国で3年間、音楽関係の仕事へ携わっていたという。その後、思い立って日本へ留学してきたというが、日本のアニメに対する思いや留学のきっかけなどをお話いただいた。

――日本のアニメが好きになったきっかけと、好きな作品などをお聞かせ下さい。

「きっかけは、宮﨑駿監督のジブリ映画を見たことでした。映像がきれいで音楽も素晴らしく、魅了されましたね。他には『MONSTER』や『妄想代理人』が好きです。日本のアニメは、人や風景がきれいに細かく書き込まれているのが最大の魅力だと思います」

――中国の国内でアニメは放送されていますか?

「日本のアニメがふつうに流れているので、自分自身もよく見ていました。日本の作品は国内でも人気ですね。中国で作られたアニメもあるのですが、どちらかといえば子ども向けで、教育目的のものが多いです」

――日本で学ぼうとしたきっかけは何でしたか?

「日本のアニメは描写が細かく、きれいで惹きつけられる作品がひじょうに多かったので、学びたいと思いました。また、もともと中国で音楽関係の仕事へ関わる中で、たまたまアニメ作品に携わったことがあったんです。そのときに、自分も将来、アニメ監督の立場から作品に関われるようになりたいという思いがわきあがってきました」

――ふだんの学校生活では、どういったことを学んでいますか?

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング