今すぐ旅したい! 目と耳で味わう国内旅、片岡愛之助がナビする癒しのサウンドスケープ

ダ・ヴィンチニュース / 2014年10月5日 5時50分

写真

『一生に一度は行きたい「日本の音風景」100 次の旅は、この音と景色に会いに行きます』(環境省/小学館)

 「あ゛~、仕事を放り出して今すぐどこか旅に行ってしまいたい!」「知らない景色を、見て、歩いて、癒された~い!」

関連情報を含む記事はこちら

 そう心の声は叫べども、社会人たるもの急に休みはとれないし、行きたい場所もすぐにはパッと浮かんでこない。

 そんな心身お疲れモードのあなたにおすすめしたいのが、『一生に一度は行きたい「日本の音風景」100 次の旅は、この音と景色に会いに行きます』(環境省/小学館)だ。

 本書は“一生に一度は行きたい100の音風景”として、実際にその地に立つと聞こえてくる音や空気感まで収録した69分のCD付き書籍。ベースとなったのは、かつて阪神・淡路大震災や地下鉄サリン事件という大きな出来事で日本が揺れ動いていたさなか、環境庁(現・環境省)が公募した、“全国各地で人々が地域のシンボルとして大切にし、将来に残したいと願っている音の聞こえる音風景(環境)”の音源だ。それからときが流れて、日本は東日本大震災を経験。“日本の100の音風景”が選定された時期とどこか重なるような気がする今、改めて“100選”を見直し、「音風景」が編纂された。

 CDに収録された音の旅は、「オホーツク海の流氷」から始まる。氷と氷がぶつかり、ギシリギシリときしみあう音、波がザブンと跳ねる水音で、しばしの旅情を味わったあとに続くのは、北海道札幌市の「時計台の鐘」の音。ナレーションでナビゲートする片岡愛之助氏の声に導かれてページをめくれば、そこには「音」の風景を切り取った写真とその解説、「音」がよく聞ける時期とところやアクセスデータ、風景にまつわるちょっとしたうんちくがぎゅっと凝縮された本文が添えられている。「音」の旅は、北は北海道から南は沖縄まで、全部で100箇所を、ゆるやかに移動してゆく。
 
 青森県八戸市「八戸港・蕪島のウミネコ」の写真には、雲ひとつない真っ青な青い空をバックに、白い羽を広げて飛ぶ無数のウミネコたち。彼らがさみだれて鳴く、その声を耳に写真を見つめていると、ふと鳥が動いたような、そんな錯覚にもおそわれる。福島県南会津郡「大内宿の自然用水」の、江戸時代から続くという用水路ののどかに響くせせらぎの音に、ほっと心癒される。ちなみにこの用水路は、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された、大内宿全域で聞くことができるという。

 人の五感と記憶とは、深く結びついており、特に、強い感情と結びついている記憶は、長期記憶になるとされている。心動かされた景色を前に耳にする「音」は、その振動が身も心も揺さぶり、細胞の奥底にまで刻み付けられるのかもしれない。そのため“風景と結びついている音”を耳にした瞬間、人は記憶の中から突如として特定の風景をよみがえらせたりする。海の音、川の音、風の音、木々の音、鳥や虫の声、小気味よい祭り囃子、三味線の音色、人々のざわめき、職人の木彫りの音。人々が残したいと願うのは、心を穏やかに導いてくれる、かつて平和で平穏だった、あの日本の音風景たちなのだろう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング