裸の女子生徒を涙を流して抱きしめる、スクールセクハラの実態【体罰とセットのケースも】

ダ・ヴィンチニュース / 2014年10月22日 5時50分

写真

『スクールセクハラ なぜ教師のわいせつ犯罪は繰り返されるのか』(池谷孝司/幻冬舎)

 教え導く存在であるはずの教師が、生徒に深い心の傷を負わせる事件が後を断たない。1990年度にわいせつ行為で懲戒免職になった公立小中高校の教師はわずか3人。ところが、過去最悪となった2012年度には、その40倍の119人に到達し、その後も高止まりが続いている。急に教師の質が落ちるはずはなく、見過ごされてきたのが厳しく処分されるようになっただけだろう。スクールセクハラは、一体どのような状況の元で起きるのだろうか。教育現場でなぜセクハラ被害は起きてしまうのか。

関連情報を含む記事はこちら

 『スクールセクハラ なぜ教師のわいせつ犯罪は繰り返されるのか』(池谷孝司/幻冬舎)では、学校で繰り返される教師のわいせつ犯罪について10年以上も取材を続けている共同通信記者・池谷孝司氏がスクールセクハラの実態を明かしている。池谷はいくつかの例を引いて、生徒が魔の手に落ちていく過程を迫っているが、セクハラは体罰とともに起きる場合も少なくないらしい。たとえば、関西の私立中学校では、部活動がその舞台となった。伊藤早苗さん(仮名)は教師の原口達也(仮名)から熱心な勧誘を受け、剣道部に入部。原口は特に女子の指導に力を入れ、3年生の時に部を全国大会まで導いた。だが、その成果の裏には日常的な体罰があったようだ。原口は太鼓の太いバチで生徒たちを容赦なく殴った。カルト宗教のように部員を盲目的に従えるさまは、周囲から「原口教」と呼ばれていた。

 中学2年生のある日、練習中に原口は早苗さんを原口専用の六畳程の控え室に呼んだ。早苗さんは大きなソファにどっかりと座る原口の前で床に正座した。原口は早苗さんを「言われた通りにできないのは、プライドが高いからや」と罵ると、「三回回ってワンをしろ」と彼女に命令したという。言葉の意味が分からず呆然としていると、原口は戸惑う早苗さんを無視し、その頃、同じ学年でライバルとして競っていた生徒を呼んだ。「ワン、やれ」。原口がそう怒鳴ると、その生徒は何のためらいもなく、その場でくるくると三回回って、「ワン」と口にしたという。早苗さんは、ライバルに負けた悔しさ、原口先生から叱られる恐怖が入り交じり、慌てた。ライバルの真似をするのでは「指示待ちの人間やな」と叱られる。早苗さんはその場を切り抜けるために、「プライドを捨てるために歌を歌います」といって、チューリップの歌を歌ったという。これが後に女子部員たちが「儀式」と呼ぶ奇妙なやりとりの始まりだった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング