『塔の上のラプンツェル』『プール』の舞台! アジア旅行の穴場” チェンマイ”の食べて損なし3大グルメ【写真あり】

ダ・ヴィンチニュース / 2014年10月25日 5時50分

写真

『かわいいチェンマイ案内』(島本美由紀/パイインターナショナル)

 もうすぐタイでは、熱気球を天に放つ「コムローイ」と呼ばれる幻想的なお祭りが開催されます。映画『塔の上のラプンツェル』でモデルにもなり、タイの古都チェンマイで開催されるお祭りが有名です。日頃の感謝の気持ちを込めて大勢の人が「コムローイ(熱気球)」を打ち上げるのですが、夜空一杯に漂うオレンジ色の熱気球は、ビーズを散りばめたみたいに強く光り続ける星のよう。とってもロマンチックなお祭りです。

【写真あり】“ チェンマイ”の食べて損なし3大グルメ

 実は小林聡美さん主演の映画『プール』もチェンマイが舞台なんですよ。映画を見ると、その舞台に足を運びたくなりませんか? 『かわいいバンコク案内』(パイインターナショナル)に引き続き、8月に『かわいいチェンマイ案内』(パイインターナショナル)を出版した料理研究家の島本美由紀さんに、チェンマイに行ったらぜひ食べてほしい、3大グルメを伺いしました!


チェンマイの3大グルメをいただきます!
 チェンマイ(北タイ)料理は、辛さが控えめな料理が多いので、日本人の口に合う絶品グルメが多数あります。チェンマイを代表する「カオソーイ」「サイウア」「ナンプリック」は、ぜひとも食べてほしい3大料理!そして、もち米を蒸したカオニャオが主食になります。


■濃厚なチェンマイのカレーラーメン「カオソーイ」
 チェンマイ名物のカレーラーメン。ココナッツミルクを加えたカレースープに、茹でた卵麺を入れ、揚げた卵麺をトッピングしたもの。タイ料理が苦手な日本人にも食べやすい1品。店によって辛さが異なるものの、こってりとした濃厚なスープに、酢漬けのキャベツ、赤玉ネギ、ライム絞り汁を加えるのが定番の食べ方。タイ人は、さらにナンプラーや砂糖を加えてオリジナルの味を楽しむ。

■スパイシーでアローイ(おいしい)!「サイウア」
 チェンマイ名物のスパイシーなソーセージ。新鮮な豚肉に、レモングラスやこぶミカンの葉などの香草類とスパイスをたっぷりと練り込み、腸に詰めて炭火で焼いたもの。チェンマイを訪れるタイ人のほとんどがお土産に購入する1品です。噛むごとに、口いっぱいにジューシーなうまみと香りが広がり、ビールが飲みたくなりますよ。

■野菜がたっぷり食べられる「ナンプリック」
 茹でた野菜や生野菜につけて味わうチェンマイ名物のディップ。ナンプリックオーンと呼ばれるのが、トマトと豚ひき肉で作ったミートソースのようなディップのこと。辛くないので子供でも食べられます。ナンプリックヌムと呼ばれるのが、しし唐を少し大きくしたような唐辛子を、炭火で焼いてからつぶしたディップ。どちらも、もち米を蒸した主食のカオニャオにもよく合います。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング